この音とまれ!の漫画15巻のネタバレと感想まとめ

漫画

スポンサーリンク

前回の14巻では、時瀬高校が全国大会への切符を手に入れました。

今回は、ヒロと武蔵の関係に変化が起こります。

ここでは、『この音とまれ!』の漫画15巻のネタバレを紹介します!

スポンサーリンク


この音とまれ!の漫画15巻のあらすじ

全国予選の演奏で千春に想いを届けることができたさとわは、実家に戻ることになりました。

さとわと千春の和解を見届けた晶は、鳳月会を辞めて椿会に戻ることに。

一方、終業式の日にクラスのみんなで集まってクリスマスパティーをすることになった武蔵達。

武蔵とのクリスマスパーティーに上機嫌のヒロでしたが、ある出来ごとのせいで武蔵との間に深い溝ができてしまいます。

二人の関係はどうなってしまうのでしょうか。

この音とまれ!の漫画15巻のネタバレ

晶「さ、着きましたよ、さとわさん」

さとわ「ありがとうございます。助かりました」

晶に車で送ってもらってきたのは、さとわの実家です。

そんなさとわを待ちわびていた千春は、小走りでさとわに駆け寄ります。

千春「おかえり」

さとわ「ただいま!」

微笑み合う二人を、晶は優しい表情で見守ります。

堂島「ふん、よくもまぁノコノコ帰ってこれましたね、破門された人間が。全く恥ずかしいったら」

晶「おばあちゃん!!もうっすみません、さとわさん、家元」

さとわ「いえ、本当のことですし」

晶「…でもあんな風に言ってますけど、時瀬の演奏はちゃんと認めてくれたみたいです。演奏後、拍手を送っていたと兄が」

さとわ「!」

晶「すぐには無理かもしれませんが、これから少しずついい方に変わってくれるって信じてます。あっそれからさとわさん!私内弟子は辞めさせて頂くことにしたので」

さとわ「え!わ、私が戻ってきたからですか?!私は別に家に戻ってきただけで、鳳月会には…」

晶「いえ、さとわさんは関係ありませんよ。元々鳳月の跡を継ぎたかった訳じゃないですし。椿会に戻って、会を一から立て直します。椿会こそが私の本当の居場所ですから」

笑顔でそう言うと、晶は鳳月会を後にします。
 

ヒロ「えっ鳳月ちゃん、お家に戻れることになったの?!」

さとわ「はい、おかげさまで」

ヒロ「よかったねぇー!!」

さとわ「あの、本当にみんなのおかげです。あ、ありがとうございました」

サネ「え、俺ら何かしたっけ?」

ミッツ「役に立った記憶がない」

武蔵「(ふっ)うん、鳳月さんに助けられた覚えしかないよ」

さとわ「(ああ、本当にここに来てよかった。みんなに会えてよかった)」

嬉しそうに顔を染めるさとわの頭を、チカは無意識に撫でつけます。

さとわ「!」

チカ「…うお!?」

さとわ「えっ?!何?!ご…ゴミでもついてた?」

チカ「え、や…そこに頭があったから…?」

チカ「(お、思わず触ってしまった、大丈夫か俺…)」

さとわはチカに撫でられたところを触り、顔を真っ赤に染めます。
 

終業式当日、武蔵達のクラスはクリスマスパーティーでカラオケに集まることになりました。

武蔵とクリスマスパーティーが出来ることにヒロは大喜び。

しかし、カラオケに行ってみると、派手な友達に囲まれ、武蔵と一言もしゃべることができません。

全国大会に出場することもあり、武蔵の周りには女の子達が集まっていました。

ヒロ「…あたし暑くなったから、ちょっと外でてくる」

一人カラオケ店から出てきたヒロは、店横の路地にしゃがみこみます。

ヒロ「(何やってんだろ、あたし。今日、楽しみにしてたのにな…)」

いつまでたっても帰ってこないヒロを心配した武蔵は、コート片手に外に出てきます。

武蔵「えと…大丈夫?来栖さん」

まさか武蔵が出てきてくれると思わなかったヒロは、嬉しさと恥ずかしさで顔が真っ赤に染まります。

ヒロ「く、倉田!なんでっ…」

武蔵「あ、やっ上着も持たずに外出てったから、風邪ひいたら困ると思って。これ…僕のだけど」

そう言うと、武蔵はヒロに自分のコートを渡します。

武蔵「やっやっぱりやだよね?!ごめん!」

ヒロ「か、かりる。倉田がいいなら」

武蔵「…ど、どうぞ」

ヒロ「あ、ありがとう」

武蔵はヒロの隣にしゃがみこみます。

武蔵「あの、ごめんね。来てすぐに佐伯さんに連れていかれた時、元気なかったから気になってて…僕上手くフォローできなくてごめん」

ヒロ「ぜっ全然大丈夫!!」

武蔵「え、ほんと?」

ヒロ「うん、もうめっちゃ元気!!おかげで今こうして倉田と一緒にいられるし」

武蔵「え…」

声に出すつもりはなかったヒロの想い。

とっさに手で口を押さえるヒロでしたが、時すでに遅し。

ヒロ「(どうしよ!どうしよ!何口走ってんの、あたし!!?今のは流石にやばい!絶対バレた!)」

ヒロは、引退までこの想いを隠し通すと決めたのです。

自分の気持ちのせいで、部に支障をきたしたくありません。

ヒロ「ほ、ほら倉田とはやっぱよく一緒にいるし、久しぶりにはしゃいで疲れたから、今なんか落ち着くっていうか…ごめん!紛らわしい言い方して」

武蔵「…あ、うん、大丈夫だよ。変な勘違いとかしないから、安心して」

ヒロ「…そっか、よかった。じゃ、そろそろ戻るね。これありがとう」

武蔵を置いて、ヒロはカラオケ店に戻っていきます。

ヒロ「(よかった、倉田が鈍感で。だって最初に決めたし、部活引退まで気持ち告げないって)」

バレずにホっとするヒロでしたが、ヒロの目からは涙が溢れ出します。

一方、一人取り残された武蔵は、顔を真っ赤にして俯きます。

武蔵「(恥ずかしい、自惚れすぎ。でもあんなの勘違いしちゃうにきまってんじゃん!!)」

武蔵「…なんだよ…」
 

次の日の部活では、ヒロはいつもどおり武蔵に挨拶します。

いつもどおりのヒロに武蔵はなぜか、残念な気持ちになってしまいます。

一方、ヒロも頑張って平常心を保っていましたが、その顔はどこか暗い。

さとわ「…」

部活も終わり、みんなでどこかに食べに行こうとサネが提案します。

ヒロ「ごめん、あたし今日用事があるから、ここで」

コータ「えーそっかぁ残念」

なんとなくヒロに避けられているように感じた武蔵。

武蔵「(ああ、嫌だな。何かモヤモヤする。正体がわからなくて、引きずられる)」

今日一日様子のおかしいヒロが気になったさとわは、ヒロの後を追いかけます。

さとわ「ヒロ先輩!!」

ヒロ「!えっ鳳月ちゃん、どうしたの?!」

さとわ「あ、あの明日の部活前って時間ありますか・・?」
 

翌日、ヒロの自宅にやってきたさとわ。

ヒロ「じゃ早速作ろっか!箏曲部用クリスマスケーキ!!」

さとわ「はい!」

クリスマスイブの今日、部活後に行う箏曲部のクリスマスパーティーに出すケーキを作りたいと、さとわはヒロにお願いしていました。

初めて作るケーキに悪戦苦闘するさとわでしたが、ヒロのサポートの末なんとか作り上げることができました。

ヒロ「やーでもこれはみんな喜ぶね!」

さとわ「だといいんですが…」

ヒロ「喜ぶよー!!特にチカ君!!」

チカの名前に、さとわは一瞬動きを止めます。

ヒロ「…鳳月ちゃんはさ、今好きな人とかいないの?…あっごめん!深い意味はなくて…!今のは忘れて…」

さとわ「…みんな好きです。箏曲部のみんなが大好きです。すみません、聞いてるのはそういうことじゃないですよね。でも、ほんとうにみんな大事で、私じゃ頼りにならないかもしれませんが…ヒロ先輩も、もし助けが必要なときは言って下さい。ちゃんと聞きますから」

ヒロ「(…そっか、鳳月ちゃんが今日声かけてくれたのって…)」

さとわの不器用な優しさが嬉しくて、ヒロはさとわに抱きつきます。

ヒロ「(何をあたしは一人で突っ走って、勝手に落ち込んで…前とはもう違う。あの中にあたし今いるんだなぁ)」

ヒロ「ありがとう鳳月ちゃん。あたしもみんなが大好き」
 

家庭科室にケーキを預けてくるというさとわと別れ、ヒロは部室に向かいます。

一人楽器の準備をするなかやってきたのは武蔵です。

武蔵「あ…」

ヒロ「おはよ!」

武蔵「…おはよ」

いまだ心のモヤモヤが晴れない武蔵は、ヒロと二人きりでいることに気まずさを感じてしまいます。

ヒロ「…あたしさ、倉田にずっと言いそびれてたことあって」

武蔵「えっ何?」

ヒロ「あたしが部を壊そうとした時、ちゃんと話を聞いて受け入れてくれてありがとう」

武蔵「えっ何、急に…?」

ヒロ「お礼ちゃんと言えてなかったなーって!あたし今ここにいれてすごい幸せだよ。絶対一緒に全国で一位とろうね!」

ヒロの満面の笑みに、武蔵の心のモヤモヤは一気に晴れて行きます。

武蔵「(ああ、そっか…そういうことか)」

武蔵「…僕も言いそびれてたけど、すごくうれしかったよ。前に家まで喝入れにきてくれた時も、部のために色々頑張ってくれた時も。この前、少しの間だったけど来栖さんといれた時も…今一緒にいられるのもすごくうれしいよ」

武蔵の言葉に顔を真っ赤に染めるヒロ。

そんな時、ちょうど良くサネ達がやって来ます。

武蔵「来栖さん」

ヒロ「はい!!」

武蔵「絶対全国一位とろうね。一緒に」

ヒロ「(ああ、もう頑張る。もう絶対大丈夫、超頑張る)」

ヒロは嬉しさで胸がいっぱいになります。

武蔵「(…ずっとこの気持ちの正体がわからなくてモヤモヤしてたけど、分かったらなんかすごくすっきりした。僕、来栖さんのことが好きだ)」
 

そして長かった一年が終わり、新しい一年がやってきます。

今年初めてのステージは、ショッピングモールの新春コンサートです。

ステージは通路にただシートが引いてある、若干期待外れなものでした。

演奏を始めるものの、周りの誘惑と雑音に、お客の足は一向に止まる様子がありません。

チカ「(どうすりゃ聴いてもらえんだ!いい演奏どうこうって問題じゃねーぞ、これ)」

武蔵「(でも急に演奏の仕方変えるわけにもいかないし…)」

サネ「(まずい、なんかあの日勝ち取った自信とか、俺らの音楽の価値みてぇなもんが根こそぎ奪われていくみたいな…)」

トーン

チカ「!」

武蔵「(あっ…)」

ヒロ「(鳳月ちゃんの音…)」

チカ「(音が全然ブレてねぇ…)」

目立つことばかり考えていたチカ。

さとわの音を聴き、いつも通り弾けばいいと心を落ち着かせます。

それに習うように、武蔵達の音もいつも通りのものになっていきました。

通り過ぎて行くばかりの客は、いつしか足を止め、チカ達の演奏に聴き入っています。

演奏が終わると、周りからは歓声と拍手が送られてきました。
 

滝浪「はい、じゃあ決意新たにしたところで、今日の報酬だ」

滝浪が差し出したのは、一冊の楽譜です。

武蔵「!もしかして、それって…」

チカ「全国大会用の楽譜か!!」

コータ「なんて曲!?」

滝浪「I(仮)」

チカ「何だ仮って」

滝浪「これまだ未完成の曲だから」

チカ「はっ?」」

滝浪「4月になって新入部員が入ったとして、そいつらも全国に出場すんのか、それによってまた少し曲いじったりするかもしんねぇから、まだ仮だ」

武蔵「ちょっと待って下さい!これ…先生が作曲してくれたんですか?」

滝浪「?そーだけど、何を今さら」

武蔵「いやだって、一から全部作ってくれたの初めてじゃないですか!!」

サネ「おお!そーだ!すげぇ!!」

コータ「すずちゃん先生が俺らを想って、俺らのためだけに作ってくれたってことだよね!!?」

武蔵「…いや、本当にうれしいです。大切に弾きます!!」

決意を新たに、全国大会に向けて猛練習が始まります。

あっという間に過ぎて行った一年。

新たな一年がまた、始まります。

この音とまれ!の漫画15巻の感想

とうとう!とうとう来ましたよ!この展開!!

武蔵とヒロの両片思い!!

部のことを考えて想いを告げないヒロが健気すぎて涙が出ます。

甘酸っぱい青春に、キュンキュンしますね。

くっついてほしいような、もう少し両片思いでヤキモキしたいような…

次も楽しみです♪

この音とまれ!の漫画を無料で読む方法

もし『この音とまれ!』の漫画を無料で読むなら、【FOD】がおすすめです。

FODはフジテレビ公式の動画配信サービスですが、動画だけでなく電子書籍の品揃えも豊富なんです。

もちろん、『この音とまれ!』の漫画も全巻揃っています。

FODで電子書籍を購入する場合はポイントが必要ですが、今すぐ登録すれば1ヶ月で1,300ポイントが無料で手に入ります。(ポイントが貯まるのは8のつく日)

つまり、

無料で手に入るポイントを使えば『この音とまれ!』の漫画を無料で読める

というわけなんです。

しかも、FODで電子書籍を購入すると、20%のポイントが還元されます。

20%のポイント還元があるので、コミック(紙媒体)で購入したりKindleなどで電子書籍を購入したりするよりも、FODを利用した方が圧倒的にお得です。

20%のポイント還元があるサービスは、FODしか見当たりません。

FODを利用すれば、『この音とまれ!』の漫画を全巻お得に購入することもできます。

また、FODは月額888円(税抜)かかるサービスですが、現在1ヶ月の無料おためしキャンペーンを実施中です。(Amazonアカウントが必要、初回限定)

今すぐ登録すれば、1ヶ月は無料でFODを利用できます。

FODの登録は画面に従って操作するだけなので、3分足らずで登録できます。

しかも、いつでも解約することができるので、無料期間内に解約すれば月額料金はかかりません。

解約はボタンを押すだけなので、1分もかからずに解約できると思いますよ。

さらに、FODは漫画が好きな人や雑誌を読む人におすすめの特典が用意されています。

  • 100冊以上の雑誌(最新号)が読み放題
  • 対象のマンガが無料で読める

なので、FODで『この音とまれ!』の漫画を読むことをおすすめします。

↓1ヶ月無料の登録はこちら↓

※無料期間中に最大1,300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク


zip・rarファイルの危険性

ネット上には、zip・rarファイルになった漫画をダウンロードできるサイトがたくさんあります。

無料でダウンロードできるなら、気軽に利用しようと思うかもしれません。

ただ、zip・rarファイルをダウンロードして読むのは非常に危険です。

なぜなら、そのようなファイルにはウイルスが入っている可能性があるからです。

もちろん、すべてのファイルにウイルスが入っているわけではないですし、今まで利用して問題なかったからといって、油断している人も多くいます。

ですが、必ずしも安全というわけではありません。

セキュリティソフトでは防げないウイルスもありますし、ウイルススキャンしても検出されないウイルスもあります。

パソコンやスマホがウィルスに感染すると、大事な情報が抜き取られたりPCやスマホが壊れたりすることがあるんです。

1冊500円前後の漫画を無料で読もうとして、5~10万円近くするパソコンやスマホを危険に晒す。

あまり賢い選択とは言えませんよね。

そんな危険を冒さなくても、電子書籍なら安全に読むことができます。

しかも、FODであれば、無料期間にもらえるポイントを使って漫画を無料で読むことが可能です。

なので、zip・rarファイルをダウンロードしてリスクを負うのではなく、電子書籍で読むことをおすすめします。

まとめ

以上、『この音とまれ!』の漫画15巻のネタバレでした。

武蔵もヒロへの想いを自覚し、二人の関係が今後どうなるか楽しみです。

そして次巻から、新しい一年が始まります。

箏曲部に新入部員はやってくるのか、まだまだ目が離せませんね。

もし『この音とまれ!』の漫画を無料で読むのであれば、FODがおすすめです。

ぜひ、実際に読んでみてくださいね♪

↓1ヶ月無料の登録はこちら↓

※無料期間中に最大1,300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク


漫画

Posted by ayasu7