健康で文化的な最低限度の生活の8話のあらすじ・感想と視聴率まとめ

ドラマ

前回の7話では、えみる(吉岡里帆)の同期である千奈に焦点が当てられた回でした。

今回は一年後のお話ということで、えみるがどのように成長しているのか楽しみですよね。

そこで、『健康で文化的な最低限度の生活』8話のネタバレ・感想と、評判や視聴率についてまとめてみました!

健康で文化的な最低限度の生活の8話のあらすじ

主人公のえみる(吉岡里帆)がケースワーカーの仕事に就いてから一年が経ちました。

就職した当初は”この仕事に向いていないかも”と悩んでいたえみる。

ですが今ではすっかり慣れて、面白い仕事だと思い始めていました。

そんなある時、担当受給者の赤嶺がアルコール中毒で病院に運ばれたという連絡が入ってきました。

医師によると赤嶺はアルコール依存症の可能性が高く、このまま飲み続ければ死に至るとのこと。
 

禁酒もせず治療もせず、投げやりに生きているように見える赤嶺。

そんな赤嶺を心配したえみるは禁酒を勧めます。

えみるを自分の娘と重ねた赤嶺は、禁酒をやめることを誓いました。

しかし数日後、禁断症状を我慢できず再びアルコールに手を出してしまう赤嶺。

「次は命はありませんよ」

と医師に言われたため、赤峰はアルコール専門病院に入院することになったのでした。

本人に病気の自覚がない赤嶺の行く末は果たしてどうなるのでしょうか。

健康で文化的な最低限度の生活の8話のネタバレ・感想

今回の8話は、個人的にとても勉強になる回でした!

“アルコール依存症”という言葉は知っていましたが、これほどまでにやめることができない病気だとは思いませんでした。

仕事帰りに一杯飲んだだけだった人が依存症になってしまったり、きっかけはとても小さなことである場合が多いんですね。

そして依存症になってしまうと、自分の意志では簡単にやめることができない。

そんな苦しみがドラマを通して伝わってきました。

ですが、そんな人たちのために“断酒会”というものがあるそうで、やはり同じ境遇の人と関わることって大切なんですね。

苦しみを共感し合ったり、励まし合ったりというのは、依存症の人に限らず、生きていく上で必要なことだと思います。

逆に赤嶺のように「大丈夫大丈夫」と言う人ほど危ういのかなと思いました。

ドラマの中で経験者の人たちが言っていたように、まずは自分の病気を認めることから始めないといけないんでしょうね。

赤嶺はそれをせず、「大丈夫」と楽観視して、自分の病気を深刻にはとらえていないように見えました。

その結果、また飲酒を繰り返してしまい、とても心配になる赤嶺の末路でした(涙)
 

それから今回は、先輩ワーカーの石橋(内場勝則)についても掘り下げられていましたね。

かつてはアルコール依存症の受給者を担当をしていた石橋

当時はお酒を飲まないという誓約書を書かせたり、石橋なりに懸命に取り組んだものの、その受給者は亡くなってしまったのだそうです。

それ以降、受給者に感情移入することをやめたという石橋。

「そうしないと、自分の心が持たないんですわ」という言葉には重みを感じました。

そして

「飲んで死ぬか、飲まずに生きるか。そのどちらかしか無いんですよ、あの人たちには」

という言葉も真に迫っていて胸が痛かったです。

今まで石橋のことをドライなワーカーだと思っていましたが、そうなるまでの経緯があったんですね…
 

そんなシビアな内容が展開される一方で、アラタナカーの癒しシーンも少しだけ有りましたね。

飲み会に参加する京極

やっときたぁぁぁぁぁ!

以前、”飲み会にいつも京極がいない”と嘆いていた私ですが、ついに飲み会に参加した京極。

それにしてもお酒が飲めないとか、可愛すぎな設定かっ!(笑)

飲み会のシーンは一瞬で終わってしまいましたが、その後にアラタナカーを堪能できるシーンがありましたね~

やはり(私を含め)一定数の”アラタナカー”民がいるようで、ネットでは大きな盛り上がりを見せていました。

アラタナカーの癒しシーンはさておき、気になるのは阿久沢の娘の麻里のこと。

クラブで働く麻里

前回、不穏な空気を出していた麻里でしたが、やはりその予兆は当たっていました。

8話の最後では、高級クラブのようなところで働く麻里の姿が映されていましたね。

麻里が倒れたところで8話が終わってしまったので、とにかく心配です。

麻里がどうなってしまうのか、そして予告では、次回は半田の過去が明かされるとのことで、そちらもとても気になります。

健康で文化的な最低限度の生活の8話の評判

健康で文化的な最低限度の生活の8話の視聴率

『健康で文化的な最低限度の生活』の8話の視聴率は5.6%でした。

前回の5.3%と比較すると、ほぼ変動はありませんね。

ケンカツも残すところあと2話となりましたが、今後もこの視聴率を保っていく感じになりそうです。

健康で文化的な最低限度の生活を無料視聴するなら

『健康で文化的な最低限度の生活』をまだ見ていない方、あるいはもう一度見たい方は、【FODプレミアム】がおすすめです。

FODプレミアムはフジテレビ公式の動画配信サービスで、『健康で文化的な最低限度の生活』の動画が配信されています。

通常は月額888円(税抜)かかるサービスですが、現在1ヶ月の無料おためしキャンペーンを実施中です。(Amazonアカウントが必要、初回限定)

今すぐ登録すれば、1ヶ月は無料でFODプレミアムを利用できるというわけです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

さらに、FODプレミアムでは原作(漫画)も配信されています。

ドラマを見て原作が気になったり、ドラマの続きが気になったりした時は、漫画を読むということもできるんです。

しかも、いつでも解約することができるので、無料期間内に解約すれば月額料金はかかりません。

なので、『健康で文化的な最低限度の生活』の動画を視聴するなら、FODプレミアムをおすすめします。

↓1ヶ月無料の登録はこちら↓

※登録後1ヶ月以内に解約すれば、お金は一切かかりません。

こちらの情報は、2018年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

以上、『健康で文化的な最低限度の生活』8話の感想と評判でした。

今回はアルコール依存症の受給者に焦点が当てられ、内容がとてもシビアでしたよね。

ですが同時にひとりの生き様を見られた気がして、心に残る回でした。

9話以降の展開にも期待ですね!

ドラマ

Posted by 管理者