グッドドクター(日本)の7話のあらすじ・感想と視聴率まとめ

ドラマ

前回の6話は、湊(山崎賢人)に暴力を振るっていた父親が現れ、苦しむ湊に焦点が当てられました。

お金を受け取って一度は身を引いた父親ですが、まだまだ不安が残りますよね。

そこで今回は、『グッドドクター(日本)』7話のネタバレ・感想と、評判や視聴率についてまとめてみました!

グッドドクター(日本)の7話のあらすじ

夏美(上野樹里)のもとへ、元患者の菜々子がやって来ました。

菜々子は14歳のころ、2つある卵巣のうち1つを摘出し、そのため妊娠しにくい体質でした。

プロポーズをされた菜々子は、恋人に妊娠しにくい体質であることをうまく伝えるために、夏美に付き添いをお願いしたのです。

恋人は、卵巣のことを聞いても気持ちは変わらないと言い、何事もなくその日は終わりました。
 

しかし後日、菜々子が病院に搬送されてきました。

突発性の発熱と頭痛が起こったため、脳に異常がないかを検査することに。

いろいろな検査をした結果、体のどこかに奇形腫があり、それが頭痛の原因になっていることが判明。

菜々子の過去の病歴から、おそらく奇形腫は卵巣にあるだろうと予想されました。

もし腫瘍が悪性の場合、子宮を摘出しなくてはなりません。

そして、良性か悪性かは手術をしてみないと分からない状況。

誰よりも子供が好きで、誰よりも子供を望む菜々子にとって、やるせない状況となってしまいました。

この状況に、恋人との別れを覚悟する菜々子。

菜々子の腫瘍、そして恋人との行く末は果たしてどうなるのでしょうか。

グッドドクター(日本)の7話のネタバレ・感想

第7話は日本オリジナルのお話だったので、とても新鮮な気持ちで視聴できました!

“子供を産めない体になってしまっても愛は変わらないのか”

そんな疑問が描かれた回だったと思います。

卵巣を摘出すれば子供を産めなくなってしまい、かと言って摘出せずに放っておくと命に危険が及んでしまう。

子供好きな菜々子にとっても、菜々子の恋人にとっても苦しい状況でしたね。

私はドラマの展開を“きっと腫瘍は良性で、ハッピーエンドにまとめてくるんだろうな”という目で見ていたのですが、まさかの悪性で息をのみました。

とてもつらい結果になってしまいましたが、愛を再認識できたことが唯一の救いだと思います。

これからも二人、支え合って欲しいですね。
 

ところで“愛”というのはにとってはまだ難しいことのようで

「菜々子さんの病気は治るのに、なぜみんな悲しそうなのですか」

そんな疑問を夏美に投げかけていました。

手術で腫瘍は取り除けても、子供を産めなくなってしまうことは女性にとっては苦しいこと。

そんな、手術後の心情にはまだ気づけない湊。

ですが、愛はまだ難しくても”信頼”という感情は芽生えているように思います。

湊に芽生えた信頼という感情

「瀬戸(夏美)先生の胸が痛くなったら、絶対絶対、僕が治したいです」

という台詞は、客観的に見たら愛の台詞に聞こえなくもないですね(笑)

大好きなおにぎりを半分夏美に差し出していましたし、愛ではなくても、湊にとって心を許せる相手なんだろうなと思いました。

愛と言えば、韓国版でも患者の伊予は湊の恋愛相談の相手だったんですよね。

韓国版では湊が相談する側でしたが、日本版では伊予が湊に相談していました。

「好きな人のことを考えると胸がキュッとなる」

と言った伊予の言葉を、後日思い出した湊。

「僕はおにぎりが大好きですが、おにぎりを見ても胸がキュッとしません」

この台詞はかわいくて面白くて、とても好きです。

愛について湊が今後どう学んでいくのか気になるところですが、他にも気になるのは、病院長のガンのことですよね。

ガンを患っている病院長

幼いころに母親を亡くし、父親からは虐待を受けていた湊。

そんな湊にとって、唯一家族のような存在である病院長をガンで失ってしまったら…そう思うと心配になってしまいます。

前回現れた父親の件も、あれで一件落着と見ていいのかまだ不安が残りますし、病院長にはまだまだ湊を見守ってもらいたいです。

病院長のガンについては、韓国版にはない展開なので、今後の予想がつかないんですよね~

どうなってしまうのでしょうか。

ドラマも折り返しの6話を過ぎ、だいぶ原作との違いも浮き彫りになってきました。

グッドドクター(日本)7話の韓国版との違い

分かりやすいように、日本版の名前で統一しています。

第7話は、日本オリジナルの内容となっていました。

韓国版の7話(に該当する回)では何が描かれていたのかと言いますと

  • 母親との関係性
  • 父親との関係性
  • 夏美との恋愛
  • 病院の行く末
  • 間宮科長と湊の関係
  • 湊の同僚の恋愛模様

このように、日本版には無い人間関係に焦点が当てられているんですね。

韓国版では、最終話まで上記の内容が描かれていきます。

ですので、日本版ではしばらくオリジナルの回が続くかもしれません。

次回の予告を見た限りでも、韓国版にはなかった展開のように見えました。

グッドドクター(日本)の7話の評判

グッドドクター(日本)の7話の視聴率

『グッドドクター(日本)』の第7話の視聴率は、13.0%でした。

前回の10.8%と比較すると、なんと2.2%も上昇する結果となりました。

7話で自己最高の視聴率を更新するということは、やはりネットで話題になっている影響が大きいのでしょうね!

ドラマの”満足度調査”でも、『義母と娘のブルース』と並んで数値が高いようです。

ORICON NEWS

また、別の調査では1位を独走しています。

マイナビニュース

この先どこまで伸びるのか楽しみですね。

グッドドクター(日本)を無料視聴するなら

『グッドドクター(日本)』をまだ見ていない方、あるいはもう一度見たい方は、【FODプレミアム】がおすすめです。

FODプレミアムはフジテレビ公式の動画配信サービスで、『グッドドクター(日本)』の動画が配信されています。

通常は月額888円(税抜)かかるサービスですが、現在1ヶ月の無料おためしキャンペーンを実施中です。(Amazonアカウントが必要、初回限定)

今すぐ登録すれば、1ヶ月は無料でFODプレミアムを利用できるというわけです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

登録は画面に従って操作するだけなので、3分足らずで登録できます。

しかも、いつでも解約することができるので、無料期間内に解約すれば月額料金はかかりません。

解約はボタンを押すだけなので、1分もかからずに解約できると思いますよ。

なので、『グッドドクター(日本)』の動画を視聴するなら、FODプレミアムをおすすめします。

↓1ヶ月無料の登録はこちら↓

※登録後1ヶ月以内に解約すれば、お金は一切かかりません。

こちらの情報は、2018年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

以上、『グッドドクター(日本)』7話の感想と評判でした。

第7話は日本オリジナルの内容で、子供を産めなくなってしまった女性に焦点が当てられていました。

また、湊が”愛”について考える機会にもなり、それが今後どう生かされていくのか楽しみです。

8話以降の展開にも期待ですね!

ドラマ

Posted by 管理者