義母と娘のブルース(ドラマ)の2話のあらすじ・感想と視聴率まとめ

ドラマ

1話では、再婚相手の連れ子である・みゆきの衝撃の出会いから、すったもんだしながらなんとか3人一緒に住むところまでこぎつけたところでした。

第2話ではどんな事が起こるのでしょうか。

そこで今回は、『義母と娘のブルース』2話の感想と、評判や視聴率についてまとめてみました!

一生懸命なのにどうもズレていて、みゆきを怒らせてしまう亜希子の奮闘が楽しみです。

義母と娘のブルースの2話のあらすじ

宮本家に引っ越してきた亜希子(綾瀬はるか)と良一(竹野内豊)・みゆき(横溝菜帆)3人の生活がスタートした。

亜希子は良い母親になろうと奮闘するも、逆にその行動がみゆきの反感を買ってしまい、うまくいかない日々が続く。

一度は採用を決めたものの、義母になることに再び反旗を翻すみゆき。

亜希子を追い出そうと、クラスメイトのヒロキ(大智)と一緒にある作戦を考えるのである。

一方、会社の女性社員を集めて、共働き夫婦の家事分担についてリサーチをかける亜希子。

仕事をこなしながらも変わらず母親になろうと努力を惜しまない亜希子だったが、みゆきと同様、幼いころに母親と死に分かれた経験を持つ亜希子には、自分の中に母親像がなかった。

とにかくみゆきの母親・愛(奥山佳恵)をコピーすることで、みゆきの理想の母親に近づくことを思い付く。

事あるごとに、みゆきに母親とよく行った場所・作っていた料理など、素直に質問をし取り入れてゆく亜希子。

一生懸命に研究する亜希子の姿を見て、拒んでいたみゆきも心が揺れ動き、複雑な気持ちになっていく。

そして、亜希子と良一は共働きの家事分担問題を解消するため、互いに”自分が仕事をやめて家庭に入ればいいんだ”と思いつく。

その結果、本当に仕事を辞め専業主婦となった亜希子。

今後みゆきとうまくやっていけるのだろうか…

義母と娘のブルースの2話の感想

今回は、しょっぱなから土下座!何度も土下座!

そして良一・みゆきが何度も止めても、これもコミュニケーションだと思っていたと、何度も土下座しようとする亜希子。

更に、「家族はクライアントではない…?」と目が覚めたような表情をする亜希子。

やることの提案も企画書を書いてきたり、嫌いなものを食べさせる為に、社会での経験を活かしますとまさかの”コール”をはじめたり。

またまた価値観のズレが面白く描かれていました。

母親らしいことをしようと、娘の小学校の創立記念日に、仮病を使って仕事を休んでまで一緒に過ごそうと歩み寄る姿にはとても驚きました。

普通の日本社会でいったら問題視されかねない行動ですが、亜希子は自分の中の優先順位が明確だからこそ、悔いの残らない行動をとる判断力と行動力を持っているんですね。

なかなかマネできませんが、私にとっては改めて亜希子の聡明さを感じるワンシーンでした。

そんな中、一緒にみゆきの大好きなアニメを見て楽しみを共有することで心が通った・・・と思いきや、これまたアニメの見方もビジネス。

アニメに否定的だった亜希子が「面白い」と言ってくれたことでみゆきはとても喜んだのですが、出てきた感想は「よくできたビジネススキームだ」。

またまた変な空気になってしまいます。

不器用ながら、死んだお母さんを真似しようと色々試しても何かが違い変な空気になる。

そんな感じが見ていてとても微笑ましかったです。

“義母と娘”のアンバランスな絡みは、プッと笑えてほっこりするドラマですね。

徐々に心を開いてゆくみゆきが、夢中になって一緒に楽しんで、初めて満面の笑みを見せたシーンは、うるっときてしまいました。

また、見ていて思うのが、綾瀬はるかさんの声や目線が普段の役とは全く違うということです。

はたから見たらすごくふざけて見えるシーンでも、亜希子の真剣さが伝わってくるような常にまっすぐな瞳でみゆきを見つめています。

それに今回はビックリする程のアニメ声も披露。

女優さんとしての幅の広さを感じずにはいられません。

また、ちょいちょい出てくる佐藤健さんですが、今回は”奇石”の花屋として現れました。

はじめ、この書き間違えにはちょっと無理があるのでは・・・?なんて思いましたが、

実は今回の要となるこの”奇石”の花屋。

このお花のおかげで、亜希子たち家族にまた一歩深い絆が生まれたようです。

そして2話の最後には急展開、良一が体調を崩し倒れる姿が映し出されました。

良一の体に関する何か重要な事が今後明らかになるのかもしれません…

義母と娘のブルースの2話の評判

義母と娘のブルースの2話の視聴率

義母と娘のブルース第2話の視聴率は、11.3%でした。

第1話の視聴率は11.5%でしたから、若干視聴率は下がったものの、引き続き好調のようですね。

1話で関係性が見えてきて、2話では感情移入ができてさらに面白く感じたので、今後は視聴率が上がるかもしれませんね!

まとめ

以上、『義母と娘のブルース』2話の感想と評判でした。

義母と娘の関係性を微笑ましく見守り楽しんでいたところ、最後には良一が倒れるという衝撃のシーンで終了した2話。

ただほっこり見て終われない予感…

早くも第3話が待ちきれませんね!

ドラマ

Posted by 管理者