義母と娘のブルース(ドラマ)の7話のあらすじ・感想と視聴率まとめ

ドラマ

第6話で、闘病虚しくガンにより亡くなってしまった良一。

それから数年が経ち、みゆきはついに高校生になりました。

大学受験が近づいてもお気楽モードのみゆきに、亜希子は親として働く背中を見せたいと再び働き始めることに。

新たな環境の中、2人はどうなっていくのでしょうか?

そこで今回は、『義母と娘のブルース』7話のネタバレ・感想と、評判や視聴率についてまとめてみました!

義母と娘のブルースの7話のあらすじ・ネタバレ

亜希子のベーカリー再建計画

高校3年生になったみゆき(上白石萌歌)ですが、将来の事を聞いてものほほんとした姿に心配を募らせた亜希子(綾瀬はるか)

みゆきに仕事をすることの尊さを伝えるべく、亜希子は商店街で寂れているパン屋「ベーカリー麦田」に再就職。

この店を復活させることで、みゆきに自分の背中を見せようと思い立ちます。

しかし、店を開けているだけでも赤字状態の「ベーカリー麦田」の経営は、亜希子の想像以上の状態でした。

店長の麦田(佐藤健)は経営にはまったく無頓着で、昨日の売れ残りを温めて店頭に並べる始末。

それでも亜希子は、みゆきのために「ベーカリー麦田」の立て直しを決意し、キャリアウーマンだった頃の知識を駆使して立て直しのプランを精一杯考えます。

そんな亜希子の再就職に、隠れた想いがあることに気がつかないみゆき。

みゆきは運命的に再会した大樹(井之脇海)から、突然生まれて初めての告白を受け悩んでいました。

ぶち当たった壁

「今は受験だから勉強に専念しなきゃいけない」

という理由で大樹の告白を断るみゆき。

ただ、大樹から「家庭教師をしてやる」と提案され、自然と一緒に過ごす時間が増えていきます。

亜希子はパン屋の再建で忙しい中、夜中まで提案書を作成しつつも家事は完璧。

さらには、みゆきが友達と一緒に勉強をすると伝えると、友達の分まで完璧なお弁当を用意するようになります。

みゆきは、亜希子に対し劣等感に似た複雑な気持ちが生まれていました。

「自分は亜希子に大切に育ててもらったのに何も返せていない」

「せめて私立の良い大学に入りたいが頭がついていかない」

「亜希子の本当の娘だったら、亜希子に似て何でもできる人になれていたのでは…」

などと考えます。

大樹も転校先で大病し、学年としては1年遅れている状態なのにも関わらず、立派な将来の夢を持ち、早々に受験勉強に取り組んでいるとのこと。

みゆきは

「亜希子の本当の子供なら、大樹のような立派な志を持つ娘だったのではないか」

とさらに追い詰められます。

葛藤するみゆきは、亜希子に自分の今の気持ちをぶちまけてしまいます。

親子の衝突

そんなみゆきの気持ちを知る由もない亜希子にとってはまさに青天の霹靂。

「そんな風に思っていたとは…」

「そんな風に思わせていたとは…」

と、子育てに行き詰ってしまいます。

そんな折、亜希子は麦田に自身の悩みを打ち明けます。

「娘は私を見ていると自分を否定されたような気になるようだ」

と話す亜希子に、麦田は娘の気持ちが分かると告げます。

「自分も、父親と比べてお前はダメだ」

と比べられ否定され続けてきたのだと。

でも、

「2人は血が繋がっていないなら、むしろ自分より救いがある」

「血が繋がっていないなら似ていなくて当然だ」

と言うのです。

家族のあり方をよく知らないと語る亜希子は麦田の話に安心し、涙ぐむ姿を見せるのでした。

するとそこに、みゆきと大樹が現れます。

みゆきは亜希子に謝罪しにきたのです。

みゆきは「言い過ぎた自分が悪い」と謝罪し、亜希子は「気持ちに気づけなかった自分の落ち度だ」と謝罪。

お互いに引かず謝罪をし合い、ついには親子2人で土下座をし合うまでに。

晴れて2人は仲直りするのでした。

麦田の恋心

早速翌日から、亜希子は経営改革のため、新たなパンの売り方に取り組みますが、工房の麦田はうつろな顔で全く手が進みません。

手元を見てみると、作っていたのはパンで書いた「愛死照流」の文字…

どうやら亜希子に惚れてしまったようです。

義母と娘のブルースの7話の感想

最初の頃は、意味があるのか無いのか?という程、一瞬の登場だった佐藤健さん演じる麦田。

毎回登場するたびに転職していて笑いを誘っていましたが、後半はなくてはならない存在になりましたね。

これまで何度も壁にぶつかってきたことや、散々嫌だと逃げ続けていた稼業のパン屋を継いだこと。

今振り返ってみると、これまでの彼の姿がドラマに深みをもたらしているのかもしれません。

また、亜希子と麦田のたった2人で傾いたパン屋を立て直そうと奮闘するわけですから、当然ながら絆も生まれます。

亜希子が麦田に初めて身の上話をした時、「血が繋がってないなら違って当たり前」という麦田流の解釈はとても胸を打ちました。

亜希子もみゆきもお互いが大好きなのに、ふとした時に気持ちがすれ違ってしまう。

そんな時も、ともすればマイナスにとらえがちな”血が繋がっていない”という事実を、

「だから違って当たり前じゃん」

と気楽に考えられたら、2人の関係もひとつ肩の力が抜けてさらに良い距離感の親子になれるかもしれませんね。

物語の最後、亜希子は麦田から“性教育は親が教えるものだ”という話を教わっていました。

亜希子はみゆきに

「避妊はちゃんとしているの?」

と質問しますが、みゆきが”避妊”と”避難”を聞き間違えるというハプニング?もありました。

みゆきが当然のように答えるあまり、亜希子は動揺して「どうしましょ~!!」と叫んだり、亡き良一の写真に向かって相談して助けを求めたり、普段見られないテンパり具合がまた可愛らしかったです。

見ている側も、

「みゆきちゃんってそんな感じだったの?」

「今どきの高校生は当然のように答えるものなの?」

と亜希子と共に動揺してしまいましたが(汗

みゆきがヘルメットや非常食の入った“避難具”を持って来た時には、亜希子と一緒に安堵しましたね(笑)

なんだか、みゆきの幼少期から思春期まで知っている分、みんなで一緒にみゆきを育てているような錯覚に陥っています。

義母と娘のブルースの7話の評判

義母と娘のブルースの7話の視聴率

『義母と娘のブルース』7話の視聴率は、15.1%でした。

7話にして、ついに自己最高記録を更新です!

まさに“うなぎのぼり”ですね。

実は、個人的にはとても意外でした。

これまで連れ子との再婚で、家族の絆をどう作っていくかが重点になっていたため、良一亡き後、視聴者のテンションはだいぶ下がってしまうのではないかと思っていたのです。

そのような意見はネット上でも見かけましたし。

ですが、蓋を開けてみると、前半より良い結果となっていました。

ストーリーとしては思春期の娘を持つ親娘の絆やすれ違い、そして亜希子がまた仕事をしだして落ちぶれベーカリーを立て直すキャリアウーマンとしての部分がまた描かれるようになってきましたね。

親としても子としても、誰もが通ってきたのではないかと思えるそれぞれの葛藤や、ほろっと泣ける暖かさ。

さらに、亜希子の全く鈍っていないキャリアウーマンとしての手腕の爽快さ。

この二本立てで、視聴者は今までにも増してハマってしまうのかもしれませんね。

オープニングで親子3人並んでいるシーンがありましたが、「亜希子・みゆき・良一」だった部分が、良一に代わり佐藤健さん演じる麦田に変わっていました。

今後、麦田はさらに亜希子とみゆき親子に深く関わってくるのかもしれませんね。

義母と娘のブルースの原作が読みたくなったら

『義母と娘のブルース』のドラマを観て原作が読みたくなったなら、電子書籍をおすすめします。

電子書籍であれば、『義母と娘のブルース』の漫画を全巻無料で読むことができます。

詳しくは、こちらの記事をチェックしてみてくださいね!

電子書籍を購入できるサイトはいくつもありますが、特におすすめなのが【FOD】

FODはフジテレビ公式の動画配信サービスで、動画だけでなく電子書籍の品揃えも豊富なんです。

もちろん、『義母と娘のブルース』の漫画も全巻揃っています。

FODで電子書籍を購入する場合はポイントが必要ですが、今すぐ登録すれば1ヶ月で1,300ポイントが無料で手に入ります。

つまり、

無料で手に入るポイントを使えば『義母と娘のブルース』の漫画を全巻無料で読める

というわけなんです。

しかも、FODで電子書籍を購入すると、20%のポイントが還元されます。

『義母と娘のブルース』の漫画をFODで購入する場合、20%のポイント還元を含めて1巻あたり480円で購入可能。

AmazonのKindleよりも、1巻あたり100円ほど安く購入できるんです。

また、FODは月額888円(税抜)かかるサービスですが、現在1ヶ月の無料おためしキャンペーンを実施中です。(Amazonアカウントが必要、初回限定)

今すぐ登録すれば、1ヶ月は無料でFODを利用できます。

さらに、FODは漫画が好きな人や雑誌を読む人におすすめの特典が用意されています。

  • 100冊以上の雑誌(最新号)が読み放題
  • 対象のマンガが無料で読める

なので、FODで『義母と娘のブルース』の漫画を読むことをおすすめします。

↓1ヶ月無料の登録はこちら↓

※無料期間中に最大1,300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

まとめ

後半に入り、さらに盛り上がってきた「義母と娘のブルース」。

予告によると、8話からはついに”最終章突入”とありました。

どのような最終回になるのかまだまだ想像つきませんが、さらに面白くなる事は間違いないはずです。

8話以降の展開に期待ですね!

ドラマ

Posted by 管理者