義母と娘のブルース(ドラマ)の8話のあらすじ・感想と視聴率まとめ

ドラマ

前回の7話では、亜希子が本格的に仕事を再開し、パン屋の「ベーカリー麦田」を再建するため奮闘していました。

今回は「ベーカリー麦田」の再建にみゆきが関わる気配があり、どんな展開になるのか気になりますよね。

そこで、ドラマ『義母と娘のブルース』8話のネタバレ・感想と、評判や視聴率についてまとめてみました!

義母と娘のブルースの8話のあらすじ・ネタバレ

亜希子(綾瀬はるか)が再建のために奮闘している「ベーカリー麦田」は、イマイチ伸び悩んでいる状況。

そこで亜希子は新たなプランを打ち出します。

そのプランに従って麦田(佐藤健)は焼きたてパンを提供し、一時は客足も伸びたように見えていました。

しかし、すぐに飽きられてしまい、客足が遠のいてしまいます。

このままではまずいと考えた亜希子は、「ベーカリー麦田」を一度閉店し、リニューアルオープンすることを発案します。

目指すは「ベーカリー麦田」リニューアルオープン

亜希子は自宅に主婦仲間を集め、「ベーカリー麦田」のパンについて意見交換会を開きます。

そこで、先代の作るパンは今の麦田が作るパンにはない「何か」があったことに気づくのですが…

そのころ受験生のみゆき(上白石萌歌)は、亜希子の一生懸命な姿を見て、自分も力になりたいと一緒に考え始めます。

「ベーカリー麦田」再建に向け、“先代のパンの味”にこだわる亜希子。

一方、若い脳みそで縛られないアイデアを次々に提案するみゆき。

「もっとお店に行くのが楽しくなる空間にしたい」と提案します。

皆で悩み挑戦した結果、麦田は自分の作りたいパン・自分が世界一美味しいと思えるパンを生み出す事に挑戦することに。

そしてついに、“耳まで美味しい食パン”が完成し、歓喜に包まれます。

みゆきは楽しく一生懸命仕事をする事の意味が分かり始め、以前の楽して稼ぎたいといった考えから、仕事に対する価値観が変わってくるのでした。

看板メニューの完成

みゆきや亜希子が「無限に食べれる!!」と絶賛した最高に美味しい”耳まで美味しい食パン”が出来上がったものの、それだけではリニューアルオープンは出来ません。

「開店まで、あと2週間で30品!」という亜希子の無茶ぶりを、素直な麦田は全力で叶えようと再び奮闘するのですが…

「ベーカリー麦田」は、リニューアルオープンにこぎつける事ができるのでしょうか。

義母と娘のブルースの8話の感想

第8話は、珍しく亜希子が「自分のプランが失敗だった」と言う回でした。

亜希子は麦田と共に試行錯誤する中で、

「過去の味にいくら似せても、想いが違えば同じ味にはならない」

という事に気付いたんですね。

子どもの頃から、お母さんと一緒に料理を作って”美味しくな~れ”と気持ちを込めて作っていたのを思い出します。

機械的に「ただ売りたい」「ただ作ればいい」という気持ちのこもっていないパンでは、想いをこめて作ったパンには敵わないんですね。

また、8話は特に亜希子の表情が豊かだったことも感じました。

亜希子は本当に仕事が好きなんですね。

そして麦田との仕事に、以前のキャリアウーマン時代とはまた違う充実感を感じているのではないでしょうか。

麦田の作ったパンを本当に美味しいと褒める亜希子の表情は、目もキラキラしてほっぺたも落っこちそうですっごく可愛い笑顔でした。

亜希子にひそかに思いを寄せる麦田は、一体どう感じたのでしょう。

店の評判や亜希子とみゆきの親子関係に加え、麦田の恋も気になってきましたね!

ところで、みゆきと大樹は恋仲ではないのでしょうか…?

その辺りも今後明らかになったらいいなぁと思います。

義母と娘のブルースの8話の評判

義母と娘のブルースの8話の視聴率

『義母と娘のブルース』の第8話の視聴率は、15.5%でした。

自己最高記録です。

1週空いての放送でしたが、第2章に入ってさらに視聴率が上がっていますね。

最終回に向けて、さらに駆け抜けていってほしいものです♪

義母と娘のブルースの原作が読みたくなったら

『義母と娘のブルース』のドラマを観て原作が読みたくなったなら、電子書籍をおすすめします。

電子書籍であれば、『義母と娘のブルース』の漫画を全巻無料で読むことができます。

詳しくは、こちらの記事をチェックしてみてくださいね!

電子書籍を購入できるサイトはいくつもありますが、特におすすめなのが【FOD】

FODはフジテレビ公式の動画配信サービスで、動画だけでなく電子書籍の品揃えも豊富なんです。

もちろん、『義母と娘のブルース』の漫画も全巻揃っています。

FODで電子書籍を購入する場合はポイントが必要ですが、今すぐ登録すれば1ヶ月で1,300ポイントが無料で手に入ります。

つまり、

無料で手に入るポイントを使えば『義母と娘のブルース』の漫画を全巻無料で読める

というわけなんです。

しかも、FODで電子書籍を購入すると、20%のポイントが還元されます。

『義母と娘のブルース』の漫画をFODで購入する場合、20%のポイント還元を含めて1巻あたり480円で購入可能。

AmazonのKindleよりも、1巻あたり100円ほど安く購入できるんです。

また、FODは月額888円(税抜)かかるサービスですが、現在1ヶ月の無料おためしキャンペーンを実施中です。(Amazonアカウントが必要、初回限定)

今すぐ登録すれば、1ヶ月は無料でFODを利用できます。

さらに、FODは漫画が好きな人や雑誌を読む人におすすめの特典が用意されています。

  • 100冊以上の雑誌(最新号)が読み放題
  • 対象のマンガが無料で読める

なので、FODで『義母と娘のブルース』の漫画を読むことをおすすめします。

↓1ヶ月無料の登録はこちら↓

※無料期間中に最大1,300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

まとめ

今回は「ベーカリー麦田」を一時的な人気で終わらせず、繁盛店にするため、麦田も亜希子もみゆきもとても頑張りましたね。

亜希子が自分の判断ミスを認め、みゆきの斬新なアイデアを取り入れる事で成功に導いたり、見ごたえのある回だったと思います。

最終回まであと少し!

ますます目が離せませんね!

ドラマ

Posted by 管理者