昭和元禄落語心中(ドラマ)2話のあらすじ・感想と視聴率まとめ

ドラマ

前回の1話は、老年の八代目”八雲”が、「助六との約束」を弟子に語るところで終わりました。

第2話では、八雲の過去の回想が始まり、”約束”の具体的な内容が描かれていくことになります。

きっと、若きころの八雲(”菊比古”時代)を心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな『昭和元禄落語心中』2話のネタバレ・感想と、評判や視聴率についてまとめてみました!

昭和元禄落語心中の2話のあらすじ

昭和10年代。

八代目“八雲”の名がまだ“菊比古”だったころ。
 

芸者の家で生まれ育ち、踊り子になるために稽古を重ねてきた菊比古(岡田将生)は、怪我で足を悪くしてしまいました。

怪我のせいで踊り子としての未来が絶たれた菊比古は、継母によって家を追い出されてしまいます。
 

菊比古の新たな家となるのは、落語家の“有楽亭”。

菊比古が”有楽亭”に足を踏み入れようとしたその時、「待て待て~い!」という声が聞こえてきました。

振り返ると、菊比古と同年代の少年が走り寄ってきて

「お前さんも”有楽亭”に弟子入りかい?俺も弟子入りするんだ」

と、菊比古に話しかけるのでした。

ふたりは無事に弟子入りし、少年には“初太郎”という名がつけられました。
 

性格も落語も正反対の、初太郎と菊比古。

陽気で笑わせることが得意な初太郎は、ろくに稽古もしていないのに観客の心をつかんでいきます。

一方、真面目に稽古を重ねてもなかなか観客の心をつかめない菊比古。

ふたりの差はどんどん開いていきます。

その差に焦りを抱いた菊比古は、自分の落語を確立させたくて“艶話”などのしっとり聞かせる落語を新たに学ぼうと考えました。

しかしそんな矢先、『戦時中に不謹慎である』という理由で”艶話”を演じることが禁止されてしまいます。
 

そして、師匠からは

「初太郎を連れて満州に行く。菊比古は田舎へ疎開するように」

と言われ、師匠とも初太郎とも離れて暮らすことになってしまうのでした。
 

果たして、戦争によって離れ離れになってしまったふたりは、無事に再会できるのでしょうか。

また、『戦時中である』という理由で封じ込められてしまった落語は、復活を果たすことができるのでしょうか。

昭和元禄落語心中の2話のネタバレ・感想

MEMO
菊比古=後の八代目“八雲”
初太郎=後の二代目“助六”

ドラマ『昭和元禄落語心中』の第2話が放送されましたね!

前回同様、見入ってしまいました。

もうとにかく、初太郎菊比古仲良しシーンが盛りだくさんで、男同士の友情モノが好きな私的にはただただ尊かったです!

ずっと、この穏やかな日々が続けばいいのに…と思いましたし、こんなふたりをずっと見ていたいと思いました。

ですが、こんな穏やかな日々が徐々に変化していくんですよね。

2話のラストで一瞬だけ映った女性“みよ吉”。

このみよ吉という女性と関わることで、初太郎と菊比古の運命が動いていくので、ぜひご注目ください。

昭和の雰囲気が素晴らしい

そして、オープニングの時に流れる音楽が、昭和を感じる旋律で心がしっとりとしました。

映像ももちろん昭和の雰囲気が出ていますし、役者さんの台詞まわしも節々に昭和の趣がありますよね。

そして何と言っても、“菊比古”時代の岡田将生さんが美しくて見とれてしまいました~

儚い雰囲気や色っぽさが、アニメ版の菊比古そのままで、予測通りハマり役だったと思います!

ただ、”声が細い”という設定はあまり反映されていなかったですね。

岡田将生さんの声は普通に通っていましたし、声を張り上げた台詞もいくつかありました。

声質だけはイメージと異なりましたが、全体として、とても役に馴染んでいたと思います。

そして、ストーリーも本編(”菊比古”時代)に入り、いよいよ目が離せなくなってきましたね。

全てが正反対の初太郎と菊比古

足を怪我して踊れなくなった菊比古(岡田将生)は、縁のあった有楽亭(落語家)の家に預けられました。

その同じ日に初太郎(山崎育三郎)も入門し、ここからふたりの”宿命”が始まります。

面白いのは、このふたりは何から何まで正反対なんですよね。

大ざっぱで人懐っこい初太郎と、繊細で人見知りな菊比古。

正反対だからこそ惹かれ合うのか、出会ってすぐに仲が深まっていましたし、とにかく仲良しシーンが多かったですよね!

ふたりの掛け合いのシーンはどれも微笑ましくて温かくて、ついつい見返したくなってしまいます。

その中でも、特に私が好きなのは“指切り”をするシーンです。

2度の指切り

1度目は、有楽亭に入門したての少年時代。

菊比古が初太郎に「お前さんはアタシを捨てないかい…?」と言って指切りするシーン。

人見知りの菊比古が、出会ってすぐの初太郎に心の内を明かせるなんて!

何でも受け止めてくれる”豊かさ”のようなものを初太郎から感じたのかなと思いましたし、何より、魂レベルで惹かれ合うものがあるのかなと思いました。
 

そして2度目は、戦争で離れ離れになる際。

菊比古が初太郎に「絶対に生きて帰ってきて」と言って指切りするシーン。

アニメ版を見て結末を知っているので、このシーンで涙が出てしまいそうになりましたよ(涙)

「俺はお前さんの恋人じゃないんだぞ」と言いながらも指切りをしてあげる初太郎も優しいですね。

初太郎と菊比古は落語も正反対

ふたりの違いは落語にも表れていて、初太郎は、自身の底抜けの明るさでお客を惹きつけていきます。

初太郎を演じる山崎育三郎さんの落語は、ご本人が楽しんでいるのが伝わってきて、画面越しに見入ってしまいました。

まさに、観客を惹きつける初太郎役とピッタリ一致していますね!
 

そんなふうにお客の心をいとも簡単につかんでしまう初太郎。

一方の菊比古は、真面目に稽古を重ねてもお客の心をつかむことはできず、初太郎との差に焦燥感を抱いてしまうんですね。

その焦燥感から、”芸の肥やし”のためだと思って女性とお付き合いをしてみたり、菊比古なりに試行錯誤しているのが伝わってきました。

菊比古にとって初太郎は親友でありライバル

親友でありライバルという関係性が、2話を見ただけでも伝わってきました。

落語に関しては、菊比古が初太郎の背中を追っている感じですが、少しでも追いつこうと静かに奮闘する姿がイイんですよね~

初太郎に対する憧れと嫉妬を、静かに秘めている感じも好きです。

それでいて、苦悶すればするほど色っぽさも増す、そんな不思議な魅力を持った菊比古から目が離せません。

これからさらに苦しみが深まっていく菊比古を、しっかり見届け、そして見守りたいと思います!

昭和元禄落語心中の2話の評判

昭和元禄落語心中の2話の視聴率

『昭和元禄落語心中』の2話の視聴率は、3.3%でした。

前回の4.6%と比較すると、1.3%下がってしまいました。

ツイッターを見ていると、原作やアニメを知らない“新規”の層がやはり少ないんですよね。

それが視聴率に影響しているのかもしれません。

男性の友情ドラマが好きな人なら楽しめると思うので、今からでもぜひ見てもらいたいです♪

昭和元禄落語心中の動画をフルで視聴するなら

『昭和元禄落語心中』をまだ見ていない方、あるいはもう一度見たい方は、【U-NEXT】がおすすめです。

U-NEXTは動画配信サービスで、『昭和元禄落語心中』の動画が配信されています。

通常は月額1,990円(税抜)かかるサービスですが、31日間の無料キャンペーンを実施しています。(初回限定)

登録してから31日間は、無料でU-NEXTを利用できるんです。

U-NEXTで『昭和元禄落語心中』をフルで視聴する方法は、こちらの記事に詳しくまとめています。

ぜひチェックしてみて下さいね!

昭和元禄落語心中の原作(漫画)を読みたくなったら

『昭和元禄落語心中』のドラマを観て原作(漫画)を読みたくなったら、電子書籍がおすすめです!

電子書籍であれば、『昭和元禄落語心中』の漫画を無料で読むことができます。

電子書籍を購入できるサイトはいくつもありますが、特におすすめなのが【FOD】

FODはフジテレビ公式の動画配信サービスで、動画だけでなく電子書籍の品揃えも豊富なんです。

通常は月額888円(税抜)かかるサービスですが、現在1ヶ月の無料おためしキャンペーンを実施中です。(Amazonアカウントが必要、初回限定)

今すぐ登録すれば、1ヶ月は無料でFODを利用できます。

無料期間を使えば、『昭和元禄落語心中』の漫画を無料で読むことができるというわけです。

FODで『昭和元禄落語心中』を無料で読む方法は、こちらの記事に詳しくまとめています。

ぜひチェックしてみて下さいね!

まとめ

以上、『昭和元禄落語心中』2話のあらすじ・感想と評判でした。

今回は本編である”菊比古”時代が描かれ、親友”初太郎(後の助六)”とのエピソードが詰め込まれていた回でしたね。

同時に落語の歴史も描かれていて、勉強になりました。

3話以降にも期待しましょう!!

ドラマ

Posted by 管理者