昭和元禄落語心中(ドラマ)5話のあらすじ・感想と視聴率まとめ

ドラマ

前回の4話は、菊比古と助六の人生が大きく動いた回でした。

破門されてしまった助六が落語界に戻ることはできるのかと、気が気でない視聴者がきっと多いのではないでしょうか。

ここでは、ドラマ『昭和元禄落語心中』5話のネタバレ・感想と、評判や視聴率についてまとめていきます!

昭和元禄落語心中の5話のあらすじ

師匠と言い争いをして、破門になってしまった助六(山崎育三郎)。

落語のことが頭から離れず、しかし自分ではどうすることもできず、ただただ荒れていくばかり。

そんな助六を見た菊比古(岡田将生)は、助六の破門を解いてほしいと師匠にお願いしました。

しかし師匠は聞き入れません。

師匠と助六がどちらも折れないのには、とある理由があったのです。

その理由とは一体、なんなのでしょうか。

昭和元禄落語心中の5話のネタバレ・感想

抜け殻になってしまった助六

破門されてしまった助六(山崎育三郎)は、まるで抜け殻のようで見ていられなかったです(涙)

寝ても覚めてもみよ吉と居ても、考えるのは落語のことばかり。

落語のために生きてきた助六が落語を失ってしまえば、そりゃあこんなふうに抜け殻にもなりますよね…
 

菊比古(岡田将生)は、助六の破門をなんとか解こうと試みますが、助六も師匠も頑固でどちらも折れません(涙)

謝って破門を解いて、助六にはまた落語をやってほしいけれど、助六が折れないのには理由があるんですよね。

助六が”八雲”の名に執着していた理由

師匠と初代・助六は同期の弟子だったということが、師匠の口から明かされました。

当時、落語の腕では初代・助六にかなわないと思った師匠。

そのため師匠は親子のコネを使って、父親(六代目・八雲)に「八雲の名は息子に継がせる」と皆の前で言わせたのでした。

それを聞いた初代・助六は有楽亭を飛び出し、プロの落語界からは距離を置いて生きた。

そんな初代・助六に拾われて育てられたのが、助六(山崎育三郎)だったんですね。
 

落語の腕があっても“名”がないと、何も残らずただのたれ死ぬだけ。

助六は、そんな初代・助六の生き様を見てきたからこそ、自分は絶対に”八雲”の名を継ぐという思いで有楽亭に入門したのでした。

助六が”八雲”の名に執着していたのにはそんな理由があったんだと思うと、少年時代に入門した日のことや、いろいろな場面が違った景色に見えてきます。

師匠の苦悩

かつての同期“初代・助六”との因縁は、師匠の心から消えることはきっと無かったのでしょうね。

実力では負けていたのに、親子のコネで”八雲”の名を勝ち取ったことが、師匠の心の中でずっと鉛のようにのしかかっていたのだと思います。

ゆえに「八雲の名を背負うのは重過ぎる」という心情が最後までつきまとっていたのではないでしょうか。

病床で

「本当はお前にすらこの”八雲”の名はやりたくないんだ」

と菊比古に言っているの見て、師匠もまた”八雲”の名に執着したひとりなのだなと思いました。

そして師匠は、初代・助六と助六を同一視してしまったと同時に、息子のように思う愛情もあったんですね。

そんな師匠の葛藤がとても人間くさくて、そして悲しかったです。

助六の本音

みよ吉と四国に行くことを決めた助六は、菊比古に別れを言いにきました。

この時のシーンがつらすぎるぅ~(涙)

助六が“ずっと菊比古が羨ましかった”と、そう本音を吐露するシーンは涙が出てしまいました。

「お前さんはかわいがられて甘やかされて、師匠に何でもやってもらってよぉ…俺は師匠にとって野良犬なんだよ。おんなじ弟子なんかじゃねえんだよ!!」

いつも底抜けに明るかった助六が、実はそんな思いを抱えていたなんて、とても切ないです。

菊比古からしてみれば、助六の背中をずっと見てきて憧れの存在だったのに、その助六は自分のことを羨ましかったと言う。

菊比古も助六も、お互いがお互いのことを羨ましいと思っていたんですね。

助六を迎えに行く菊比古

四国に行く助六を止めることができなかった菊比古。

しかし7年の時が経ち、改めて落語界には助六が必要だと感じたんですね。

そして自分にとっても必要な存在だと感じたのではないでしょうか。

少年期のころから助六の落語に憧れ、そして誰よりも助六の落語が好きな菊比古だから、助六を呼び戻さないわけにはいかなかったのだと思います。
 

そしてそして、7年ぶりに顔を会わせた助六と菊比古。

決別したシーンが悲しかったからこそ、再会して抱き合ったシーンではすごく胸がいっぱいになりました!

助六の固い抱擁にも泣けましたし、菊比古の泣き笑いのような微笑みも泣けましたし、とにかく涙が止まらないシーンでした。

涙が引っ込むほどの衝撃の予告

助六と菊比古の抱擁シーンで号泣していたのですが、予告でとんでもないものが映って涙が引っ込みました(笑)

ちょちょちょNHKであのシーン流しちゃって大丈夫っすか!?

なんかとんでもない岡田将生さんが映ってませんでした?

ネットでもかなり騒然としていましたっ!

目の保養です、ありがとうございますっ!!

昭和元禄落語心中の5話の評判

昭和元禄落語心中の5話の視聴率

『昭和元禄落語心中』の5話の視聴率は、4.6%でした。

前回の4.5%と比較すると、ほぼ変動はありません。

視聴率の数字は高いとは言えませんが、ネットの感想を見ていると、熱狂的な視聴者が多いんですよね。

『昭和元禄落語心中』は、「おっさんずラブ」や「逃げ恥」のように、ハマる人はとことんハマるタイプのドラマだと思います!

次週の第6話は、いよいよ物語のクライマックスに突入するので、みなさんお見逃しなく!

昭和元禄落語心中の動画をフルで視聴するなら

『昭和元禄落語心中』をまだ見ていない方、あるいはもう一度見たい方は、【U-NEXT】がおすすめです。

U-NEXTは動画配信サービスで、『昭和元禄落語心中』の動画が配信されています。

通常は月額1,990円(税抜)かかるサービスですが、31日間の無料キャンペーンを実施しています。(初回限定)

登録してから31日間は、無料でU-NEXTを利用できるんです。

U-NEXTで『昭和元禄落語心中』をフルで視聴する方法は、こちらの記事に詳しくまとめています。

ぜひチェックしてみて下さいね!

昭和元禄落語心中の原作(漫画)を読みたくなったら

『昭和元禄落語心中』のドラマを観て原作(漫画)を読みたくなったら、電子書籍がおすすめです!

電子書籍であれば、『昭和元禄落語心中』の漫画を無料で読むことができます。

電子書籍を購入できるサイトはいくつもありますが、特におすすめなのが【FOD】

FODはフジテレビ公式の動画配信サービスで、動画だけでなく電子書籍の品揃えも豊富なんです。

通常は月額888円(税抜)かかるサービスですが、現在1ヶ月の無料おためしキャンペーンを実施中です。(Amazonアカウントが必要、初回限定)

今すぐ登録すれば、1ヶ月は無料でFODを利用できます。

無料期間を使えば、『昭和元禄落語心中』の漫画を無料で読むことができるというわけです。

FODで『昭和元禄落語心中』を無料で読む方法は、こちらの記事に詳しくまとめています。

ぜひチェックしてみて下さいね!

まとめ

以上、『昭和元禄落語心中』5話のあらすじ・感想と評判でした。

今回の5話では、師匠の苦悩や助六の本音が明かされ、物語により深みが増した回でしたね。

予告でとんでもない岡田将生さんが映されたことも含め、次回がとても楽しみです!

ドラマ

Posted by 管理者