昭和元禄落語心中(ドラマ)9話のあらすじ・感想と視聴率まとめ

ドラマ

スポンサーリンク

前回の8話では、妊娠して苦悩する小夏の姿や、小夏を支える与太郎の明るさが描かれた回でした。

今回の9話は、さらに老いた八雲に焦点が当てられていきます。

ここでは、ドラマ『昭和元禄落語心中』9話のネタバレ・感想と、評判や視聴率についてまとめていきます!

スポンサーリンク


昭和元禄落語心中の9話のあらすじ

八雲(岡田将生)は、七代目”八雲”の墓参りに来ていました。

七代目が生前に言っていたことが頭に浮かぶ八雲。

「高座に上がるたびに、毎回こうして、震える手を握るんだ。肝心なところで内容が飛んじまわないかって、そんな恐怖でさ」

八雲は今まさに、同じ状況に置かれていました。

ひとり稽古の途中で内容が飛んでしまうことが増えてきたのです。

かつての七代目のように、自分の出番がくるたびに、恐怖で震える手を握り締める八雲。

果たして八雲は、残りの落語家人生をどのように過ごし、どのように恐怖と戦っていくのでしょうか。

昭和元禄落語心中の9話のネタバレ・感想

老いてゆく八雲

老いていく八雲(岡田将生)の姿は、ますます物寂しさが増してきましたね。

前回が60代だったので、今回は70歳ぐらいでしょうか。

動きや話し方がとてもゆっくりになってきて、落語のひとり稽古途中で内容が飛んでしまうことが増えてきました。

舞台で落語の内容が飛んでしまうようなことがあれば、それは落語家としての“死”を意味します。

迫りくる、落語家としての”死”に恐怖する八雲。

芸を仕事にしている人は、みんなこの恐怖と戦っているのかな?と考えさせれた9話でした。

実際に「死ぬまで舞台に立ち続けたい」という役者さんは多いですし、逆に「老いる前に、綺麗なまま辞めたい」という話もよく聞きます。

八雲からは、そんな相反する感情がどちらも感じられました。
 

そして、凄いなぁと思ったのは、第1話の”老い”よりも深みを増していることです。

回を重ねていく中で、きっと岡田将生さんの中でも”八雲”が刻まれていったのでしょうね。

それが第9話になって表れていて、岡田将生さんが“有楽亭八雲”そのものにしか見えませんでした。

有楽亭での幸せな暮らし

一時は住んでいるのが八雲と付き人の松田しかいなくて、物寂しかった有楽亭。

しかし、与太郎・小夏が戻ってきて、子供(信之助)も生まれ、とても賑やかになりました。

どの家庭にもある、ごくごく普通の光景。

ですが、今までの八雲の人生が孤独だったがゆえに、賑やかな光景に感極まる松田。

「この家でみんなで賑やかに過ごせて、本当に良かったなって…」

そう言いながら涙ぐむ松田の姿に私ももらい泣きしました。

付き人の松田は、いつも視聴者が思っていることを代弁してくれますよね。

助六の代わりには誰もなれない

“助六”という名を襲名して数年が経つ与太郎(竜星涼)。

しかし、有楽亭のみんなからは相変わらず「与太郎」と呼ばれています。

どれほど助六と似ていても、助六に成り代わることはできないんですね。

八雲にとっての助六は亡くなった助六だけ。

小夏にとっての助六もまた、亡くなった父・助六だけ。

ですが、助六の代わりはなれなくても、与太郎は与太郎として、有楽亭になくてはならない存在です。

有楽亭での賑やかで明るい暮らしは、与太郎がいてこそのものなのだから。

小夏の記憶

MEMO
下座⇒落語家が登場・退場する時の演奏役。場合によっては演目中に弾くことも。

小夏は下座になっていました。

女であるため落語家になる道は諦めましたが、それでも、どんな形でもいいから落語に関わりたいと思った小夏は、下座という道を選んだのです。

三味線を弾くようになってから、時折り“過去”の記憶が頭をよぎる小夏。

“過去”というのは、両親のみよ吉と助六が亡くなった日のこと。

ドラマでいうと、6話でみよ吉と助六が転落死したときのことですね。

自分の記憶と八雲の話に相違がある。

それに気づいた小夏は、八雲が語った転落死の話は嘘なのではないかと思い始めるのでした。
 

八雲の話⇒みよ吉と助六はベランダから転落死した。

小夏の記憶⇒みよ吉が血まみれの包丁を握っていた。助六は血まみれで倒れていた。
 

次回の最終話では、死の真相が明かされることになります。

あの夜、本当は何が起こったのか…

小夏の子供・信之助の父親は誰なのか。

驚愕の真相をお楽しみに。

昭和元禄落語心中の9話の評判

昭和元禄落語心中の9話の視聴率

『昭和元禄落語心中』の9話の視聴率は、4.4%でした。

前回の3.5%と比較すると、1%近く上昇しました。

やはり最終回前ということで、視聴者の関心が戻ってきたのかもしれませんね。

次回(最終話)は、全ての謎と伏線が回収されると思います。

ドラマの内容にも視聴率にも期待しましょう!

昭和元禄落語心中の動画をフルで視聴するなら

『昭和元禄落語心中』をまだ見ていない方、あるいはもう一度見たい方は、【U-NEXT】がおすすめです。

U-NEXTは動画配信サービスで、『昭和元禄落語心中』の動画が配信されています。

通常は月額1,990円(税抜)かかるサービスですが、31日間の無料キャンペーンを実施しています。(初回限定)

登録してから31日間は、無料でU-NEXTを利用できるんです。

U-NEXTで『昭和元禄落語心中』をフルで視聴する方法は、こちらの記事に詳しくまとめています。

ぜひチェックしてみて下さいね!

スポンサーリンク


昭和元禄落語心中の原作(漫画)を読みたくなったら

『昭和元禄落語心中』のドラマを観て原作(漫画)を読みたくなったら、電子書籍がおすすめです!

電子書籍であれば、『昭和元禄落語心中』の漫画を無料で読むことができます。

電子書籍を購入できるサイトはいくつもありますが、特におすすめなのが【FOD】

FODはフジテレビ公式の動画配信サービスで、動画だけでなく電子書籍の品揃えも豊富なんです。

通常は月額888円(税抜)かかるサービスですが、現在1ヶ月の無料おためしキャンペーンを実施中です。(Amazonアカウントが必要、初回限定)

今すぐ登録すれば、1ヶ月は無料でFODを利用できます。

無料期間を使えば、『昭和元禄落語心中』の漫画を無料で読むことができるというわけです。

FODで『昭和元禄落語心中』を無料で読む方法は、こちらの記事に詳しくまとめています。

ぜひチェックしてみて下さいね!

まとめ

以上、『昭和元禄落語心中』9話のあらすじ・感想と評判でした。

今回は、八雲の中の”小さな幸せと大きな孤独”がしんみりと描かれた回でしたね。

次回はいよいよ最終回!

今までの謎がどのように回収され、どのように物語を終着させるのか。

今から待ちきれません!

スポンサーリンク


ドラマ

Posted by 管理者