この音とまれ!の漫画3巻のネタバレと感想まとめ

漫画

スポンサーリンク

とうとうやってきた演奏会の本番当日。

チカ達の挑戦が今始まります。

ここでは、『この音とまれ!』の漫画3巻のネタバレを紹介します!

スポンサーリンク


この音とまれ!の漫画3巻のあらすじ

気合を入れ演奏に臨むチカ達。

そんなチカ達を馬鹿にするように生徒達からはヤジが飛んできます。

しかし演奏が始まった瞬間、空気は一変。

馬鹿にしていた生徒もチカ達の演奏に圧倒されます。

この音とまれ!の漫画3巻のネタバレ

演奏前のスピーチを行うため、マイクの前に立つ武蔵。

しかし、箏に興味のない生徒達からヤジが飛んできます。

生徒「さっさとやれよ、俺らの貴重な時間つかってつまんねぇ演奏聴いてやるんだからよ」

ガタン!!!

ヤジを飛ばす生徒達を威嚇で黙らせたチカは、武蔵に続きを促します。

武蔵「おかしければ笑ってくれて構いません。それでも大事な仲間と居場所を失いたくないので、僕達は最後まで真剣に弾ききります」

アウェイな状況に委縮していたメンバーは、武蔵の言葉に気合を入れ直します。

そんな武蔵達を馬鹿にする生徒達でしたが、演奏が始まった瞬間その迫力に鳥肌が立ちます。

武蔵「(よし、なんとかここまできた。次は久遠くんのソロ)」

チカは本番の前日にシズに言われた言葉を思い出します。

シズ「大事な人に大事な言葉をなげかけるように弾いてごらん」

チカ「(おいじじぃ、聞こえてっかよ。なぁ)」

チカの奏でるやさしい音色にみな息をのみます。

教頭「(これがあの久遠だと・・・?)」

最後まで圧巻の演奏を行ったチカ達。

静かだった体育館には、大きな歓声が沸き起こります。

演奏は大成功に終わり、無事廃部を免れ一安心するチカ達。

そんなチカ達に武蔵は意を決して話かけます。

武蔵「もしみんなが良ければ、このまま全国目指してみませんか?」

サネ「いいね全国!この勢いでいっちゃおうぜ!」

さとわ「最初からそのつもりです」

新たな目標を掲げ、新生箏曲部のスタートです。
 

一方、演奏後シズから放課後店に来るよう言われたチカ。

シズ「あんたのじいさんから預かってるもんがあってね。あんたがロクでもない孫だったら渡すつもりもなかったんだが、まさかこんなに早く渡すことになるとはねぇ」

シズに連れられ入った部屋には、一台の美しい箏が立てかけてありました。

シズ「あんたのじいさんが最後につくった箏だよ」

シズはゲンの家が荒らされた後、壊れた箏の修理を頼まれ、この箏だけは奇跡的に無傷だったと言います。

シズ「箏ってのは残念ながら消耗品だ。ピークを過ぎるとやがて枯れてしまう。だが使わずに枯れてしまう楽器ほど哀しいものはないからね。枯れる前にあんたに渡せてよかった」

チカ「すごい箏なら、俺よりもっと上手くてちゃんとしたやつにやった方がいいと思う」

シズ「あんたの音は未熟でそりゃあ上手いなんて言えないが、誰よりもやさしい音をしていたよ」

チカ「…」

シズ「それに元よりあんた以外に渡す気はないよ。ここ見てみな」

チカは言われた通り箏の側面を覗き込むと、そこには確かに『愛(チカ)』と彫られています。

シズ「これはあんたの箏だよ」

祖父のやさしさに、チカは涙が溢れ出します。

チカ「ばあちゃん、ありがとう」
 

演奏後、一躍人気者となったチカ達は、気持ちも新たに練習に励みます。

武蔵「このメンバーで全国目指そう!」

??「おいおい、ちょっと待て。全国って本気で言ってんの?」

水を差すように一人の男が部室に入って来ます。

武蔵「滝浪先生…」

チカ「だれ?」

武蔵「一応、箏曲部の顧問」

やってきたのは名ばかりの顧問である滝浪涼香(たきなみすずか)です。

まったくやる気のない滝浪を武蔵は以前から快く思っていませんでした。

武蔵「(せっかく部がまとまってきたのに、これから先生との絡みが増えるのかと思うと憂鬱だな)」

これからちょくちょく部に顔を出すという滝浪に、武蔵は憂鬱な気分でいっぱいです。

女性徒「えーちょっとヒロまじで言ってんの?」

??「うん、まじ!」

男子生徒「お前何考えてんだよ」

??「べつにー。フツーに楽しそうだなって思って。仲間だの居場所だの何か一生懸命になっちゃってさぁ。青春ごっごってゆーの?やってみたくて」

武蔵に近づいていくのは一人の女子生徒です。

??「最近面白いことないしー」

女性徒「また出たよ、ヒロの悪い癖」

??「倉田くん」

武蔵「何、来栖さん」

武蔵に話かけたのは、クラスメイトの来栖妃呂(くるすひろ)です。

ヒロ「実はあたし箏曲部の演奏に感動しちゃってさー。だからあたしも箏曲部いれて」

自分達の演奏がちゃんと届いていたことに武蔵は感動し、ヒロの入部を快く受け入れます。

女性徒「はじまったよ、ヒロの最低の暇つぶし」

ヒロを加えた箏曲部は、全国大会の予選前に関東地区の邦楽祭に出場することになりました。

武蔵「大会規模は、関東の1都6県。各県から優勝校を1校選出して、そこからさらに最優秀賞校を決めるんだって」

やる気満々のチカ達は邦楽祭に向けて練習に励みます。
 

部活後、サネ・コータ・ミッツはヒロと共に部員の話をしながら帰宅していました。

ヒロ「チカくんはみんなを信頼してるんだね」

サネ「そーなのかな。へへ」

ヒロ「あーでも鳳月さんはまだ大分壁があるみたいだね。同じ部活にいるけど、実際鳳月さんって住んでる世界違うしねぇ」

サネ「えっ」

ヒロ「だってさっき二人になったとき言ってたもん。低いレベルに合わせるのは大変だーって」

ヒロの嘘を信じたサネ達は、自分達がさとわの負担になっていることに落ち込んでしまいます。

翌日、さとわに練習を付き合ってもらっているサネは、昨日のヒロの言葉が気になりさとわに申し訳なく思っていました。

サネ「ごめん、こんな練習に付き合わせちゃって。鳳月さんホントは俺らみたいのと箏弾くような人じゃないのに」

サネの言葉を聞いたさとわは、顔をうつむいてしまいます。

ヒロ「鳳月さん、これってどう弾くんだっけ」

ヒロに呼ばれ去っていくさとわに、サネは言葉をかけることが出来ません。

ヒロ「鳳月さんってなんでわざわざ部活なんてやってんの?箏のレベルも住んでる世界もみんなと全然違うのに。なんでここにいるの?」

ヒロの言葉で『ここはあなたの居場所ではない』と言われたような気がしたさとわは、目の前が真っ暗になります。
 

翌日、風邪で学校を欠席したさとわ。

サネ「俺らのせいだ!!」

コータ「俺らがあんまりにも下手だから心労で・・・」

チカ「なんだそりゃアホか」

サネ「だってヒロ先輩言ってたし。鳳月さんレベル低いのに合わせんの大変って言ってたって…」

武蔵「落ち着いて、べつにそれが原因とは」

ヒロ「えー多分そのせいだよ。それからチカくんのことでこんなことも言ってたなぁ。お箏に対する価値観が違う人と一緒にやるのはやっぱしんどいって」

チカの顔を覗き込むと、ぞっとするような冷めた目でヒロを見下ろしています。

チカ「俺、本人が言ったことしか信じねぇから」
 

部活後、さとわにプリントを持って行くように頼まれたチカは、さとわの家に向かいます。

チカ「えっ、ここ?」

大きなお屋敷を想像していたチカは、ボロボロのアパートを前に唖然とします。

ドアを開けると、熱で今にも倒れそうなさとわが。

さとわを布団に寝かせると、机の上に『全国箏曲コンクール』と書かれたDVDが置いてありました。

さとわが起きるのを待つ間、チカはそのDVDを見ることにします。

さとわの家、鳳月会は元々さとわの父が家元として会をまとめていましたが、さとわが小さい頃に病気で亡くなってしまいます。

それからはさとわの母・千春(ちはる)が引き継ぎ、会をまとめていましたが、門下生は千春の元からどんどん去っていきます。

さとわ「(私がもっと上手くなってすごい後継ぎになれば、きっとお母さんの助けになる)」

さとわは母のため必死で練習に励み、いつしか天才少女と呼ばれるようになりました。

立派に育ったさとわにホッとする千春でしたが、周りはさらに追い打ちをかけてきます。

門下生「あの子は鳳月のいい看板になりますよ、潰したりしないで下さいね。」

千春「えっ」

門下生「いくらここまで鳳月を貶めた千春さんでも、娘の教育ぐらいできるでしょ」

それからというもの、さとわへの教育はさらに厳しいものとなりました。

さとわ「一英高校?」

千春「ええそう、あなたの行く高校決まったから」

さとわ「行くのは構わないけど、なんで全部勝手に決めちゃうの?少しくらい私に相談してくれたって」

千春「なぜあなたに相談する必要があるの」

自分のことなど全く見ていない母に、さとわの心はボロボロと崩れていきます。

そんな時、全国箏曲コンクールに出場したさとわ。

さとわは『八重衣』という曲でエントリーしていました。

さとわ「(もうお母さんに私の声なんて聞こえていない。稽古中は少しでも違う弾き方をしたら止められる。だったら絶対止められないこの舞台で)」

さとわが弾き始めたのは八重衣ではありません。

それはまだ母がまだやさしかった頃、すごいと褒めてくれたさとわ自作の思い出の曲です。

さとわは母に想いが伝わるように、感情を全て乗せて箏を奏でます。

さとわの圧巻の演奏に会場は静まりかえります。

誰よりも素晴らしい演奏をしたさとわでしたが、エントリー外の曲を演奏したため失格に。

全てを出し切り母の元に向かったさとわでしたが、母はさとわを拒絶します。

千春「あなたはわからないでしょう、才能のある者を才能のない者が背負う重みなんて…あなたの箏はまるで凶器だわ」

母に自分の想いがひとつも届かなかったことにさとわは涙します。

さとわの演奏を聞き終わったチカの目からは、自然と涙が流れました。
 

翌朝、熱も下がり目を覚ましたさとわは、チカが家にいることに驚愕します。

さとわ「なんであんたがここにいるの?!」

チカ「病人一人置いとくわけにもいかねーだろ。んじゃ俺学校行くわ、お大事に」

さとわ「ま、待って!なんで何も言わないの?い、家のこととか」

チカ「あー。まぁなんか言いたくなったら言えば」

チカは何も聞かずにさとわの家を出ていきます。

キッチンに目を向けると、出した覚えのない鍋の中にたまご粥が作ってありました。

チカの不器用なやさしさにさとわは涙が溢れてきます。

この音とまれ!の漫画3巻の感想

さとわの家は思ったよりもギスギスしている様子ですね。

家も出て、ボロボロのアパートで一人暮らしをしている様子のさとわに涙がホロリしました。

新キャラ、ヒロは典型的な悪女キャラですね。

さらに何か企んでいる様子のヒロに、今後の展開が気になります。

次も楽しみです。

この音とまれ!の漫画を無料で読む方法

もし『この音とまれ!』の漫画を無料で読むなら、【FOD】がおすすめです。

FODはフジテレビ公式の動画配信サービスですが、動画だけでなく電子書籍の品揃えも豊富なんです。

もちろん、『この音とまれ!』の漫画も全巻揃っています。

FODで電子書籍を購入する場合はポイントが必要ですが、今すぐ登録すれば1ヶ月で1,300ポイントが無料で手に入ります。(ポイントが貯まるのは8のつく日)

つまり、

無料で手に入るポイントを使えば『この音とまれ!』の漫画を無料で読める

というわけなんです。

しかも、FODで電子書籍を購入すると、20%のポイントが還元されます。

20%のポイント還元があるので、コミック(紙媒体)で購入したりKindleなどで電子書籍を購入したりするよりも、FODを利用した方が圧倒的にお得です。

20%のポイント還元があるサービスは、FODしか見当たりません。

FODを利用すれば、『この音とまれ!』の漫画を全巻お得に購入することもできます。

また、FODは月額888円(税抜)かかるサービスですが、現在1ヶ月の無料おためしキャンペーンを実施中です。(Amazonアカウントが必要、初回限定)

今すぐ登録すれば、1ヶ月は無料でFODを利用できます。

FODの登録は画面に従って操作するだけなので、3分足らずで登録できます。

しかも、いつでも解約することができるので、無料期間内に解約すれば月額料金はかかりません。

解約はボタンを押すだけなので、1分もかからずに解約できると思いますよ。

さらに、FODは漫画が好きな人や雑誌を読む人におすすめの特典が用意されています。

  • 100冊以上の雑誌(最新号)が読み放題
  • 対象のマンガが無料で読める

なので、FODで『この音とまれ!』の漫画を読むことをおすすめします。

↓1ヶ月無料の登録はこちら↓

※無料期間中に最大1,300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク


zip・rarファイルの危険性

ネット上には、zip・rarファイルになった漫画をダウンロードできるサイトがたくさんあります。

無料でダウンロードできるなら、気軽に利用しようと思うかもしれません。

ただ、zip・rarファイルをダウンロードして読むのは非常に危険です。

なぜなら、そのようなファイルにはウイルスが入っている可能性があるからです。

もちろん、すべてのファイルにウイルスが入っているわけではないですし、今まで利用して問題なかったからといって、油断している人も多くいます。

ですが、必ずしも安全というわけではありません。

セキュリティソフトでは防げないウイルスもありますし、ウイルススキャンしても検出されないウイルスもあります。

パソコンやスマホがウィルスに感染すると、大事な情報が抜き取られたりPCやスマホが壊れたりすることがあるんです。

1冊500円前後の漫画を無料で読もうとして、5~10万円近くするパソコンやスマホを危険に晒す。

あまり賢い選択とは言えませんよね。

そんな危険を冒さなくても、電子書籍なら安全に読むことができます。

しかも、FODであれば、無料期間にもらえるポイントを使って漫画を無料で読むことが可能です。

なので、zip・rarファイルをダウンロードしてリスクを負うのではなく、電子書籍で読むことをおすすめします。

まとめ

以上、『この音とまれ!』の漫画3巻のネタバレでした。

箏曲部の仲をめちゃくちゃにするために入部したヒロ。

ヒロはさとわの嘘の情報を流し、仲間割れを図ろうとします。

もし『この音とまれ!』の漫画を無料で読むのであれば、FODがおすすめです。

ぜひ、実際に読んでみてくださいね♪

↓1ヶ月無料の登録はこちら↓

※無料期間中に最大1,300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク


漫画

Posted by ayasu7