この音とまれ!の漫画4巻のネタバレと感想まとめ

漫画

スポンサーリンク

チカ達の演奏に感動したと言い、入部したヒロ。

しかし、ヒロが入部した本当の目的は、箏曲部の仲をめちゃくちゃにすることだったのです。

チカ達はヒロの企みを打ち砕くことが出来るのか。

ここでは、『この音とまれ!』の漫画4巻のネタバレを紹介します!

スポンサーリンク


この音とまれ!の漫画4巻のあらすじ

数日ぶりに学校に復帰したさとわ。

サネ達の誤解も解けようとしていたとき、またもや邪魔に入るヒロ。

しかもヒロは、さとわが隠していたある秘密を暴露しようとします。

この音とまれ!の漫画4巻のネタバレ

風邪が治り、数日ぶりに学校に復帰したさとわ。

コータ「ごめんね。俺らがいっぱい迷惑かけたから」

さとわ「えっ」

チカ「こいつらお前が俺らの下手さに疲れて休んだんじゃねーかって」

さとわ「そんなわけないでしょ」

恥ずかしさから、さとわの声はどんどん小さくなっていきます。

さとわ「部活は、楽しいし」

さとわの言葉に安心し、誤解が解けようとしていたそのとき。

ヒロ「じゃあなんでみんなに本当のこと黙ってるの?」

さとわ達の言葉を遮るように、ヒロはさとわに迫ります。

ヒロ「おばあちゃんに鳳月さんのこと色々聞いちゃったんだ。なんで鳳月さんがわざわざ部なんて入ってるのかと思っていたけど、それ聞いて納得。他にお箏弾ける場所なかったから、仕方なくだったんだね」

武蔵「来栖さん、さっきから話がよく見えないんだけど」

ヒロ「ああ、ごめんね。鳳月さんが打ち明けにくそうだったから、あたしが」

さとわ「先輩、自分のことは自分で言います」

さとわは咄嗟にヒロの言葉を遮ります。

さとわ「みんなには今まで言ってなかったけど、私・・・鳳月会を破門されてるの」

この事実からずっと目をそらし、なかなか打ち明けることができないでいたさとわ。

しかし、仲間と過ごしていくうちに、さとわはやっと向き合うことができたのです。

一方、さとわ達の様子を横からおもしろそうに眺めるヒロ。

ヒロ「(あーあ、引いてる引いてる。そりゃそうだよね、こんな隠し事されてたんだもん。人間関係なんて所詮そんなもんだよ。信じるとか仲間なんて全部キレイごと)」

このまま仲間割れが起きることを予想していたヒロでしたが、武蔵の言葉に唖然。

武蔵「あの、鳳月さん。話してくれてありがとう」

ヒロ「(はっ?)」

そんなこと気にしないと武蔵達は、次々にさとわの復帰に喜びの言葉をかけます。

ヒロ「ちょっと待って、何それ『ありがとう』って、あんた達バカなんじゃないの」

武蔵「来栖さん?」

ヒロはさとわを恨みがましく睨みつけます。

ヒロ「よかったねぇ。いいお仲間がいて」

それだけ言うと、ヒロは足早に去っていきます。

武蔵「来栖さん!待った!ねぇ!」

ヒロ「うっさいな!!!」

突然のヒロの態度に驚いた武蔵は、一人ヒロを追いかけていきました。

ヒロ「あーもー計画台無し。部員の関係壊れるどころか余計深まるとか、ホント最悪の結果」

武蔵「えっ?」

ヒロ「あたしがホントにあんた達の演奏に感動して入部したと思った?あんたが演奏前のスピーチで『大事な仲間と居場所を失いたくない』とかさっむいこと言ってたからからかってやっただけ。ほんとあんた達みたいの見てるとムシズが走るっ・・・!」

武蔵に想っていたことを全てぶちまけたヒロ。

そんなヒロを武蔵は冷めた目で見下ろします。

武蔵「言いたいことはそれだけ?来栖さんってよっぽど暇なんだね」

それだけ言い去っていく武蔵に、ヒロは力いっぱい鞄を投げつけます。

武蔵「っな・・・!」

文句を言うため振り返った武蔵でしたが、今にも泣き出しそうなヒロの表情に固まってしまいます。

ヒロ「(むかつく、むかつく!!)」

ヒロが人間関係を壊すような行動を取るようになったのは、中学のある出来ごとが原因でした。

彼氏「ヒロ!お前周りの友達に俺のことさんざんグチってんだって?そんなに俺に文句あんなら別れよう」

ヒロ「は?何それ。グチなんて言ってないよ。そんな適当なこと」

友達「ヒロ!聞いたよ。あんた美波に男とられたくないからって、美波に嫌がらせしてたんだって?そんなことする奴だと思わなかったよ」

それは誰からも批判されることなく、ヒロの彼氏をとるための美波の嘘だったのです。

ヒロがいくら否定しようとも、誰も話を聞いてくれず、彼氏も友達もヒロの元から去っていきます。

ヒロ「(信じてもらえないのってあたしが悪いの?そんな信用なかったわけ?それとも人間関係ってそんなモンなの?)」

それからというもの、ヒロは仲良さげな奴らを見かけては近づき、適当な嘘を吹き込んでいきました。

結果、知り合って間もないヒロの嘘をいとも簡単に信じ、みんな見事に壊れていきます。

ヒロ「(だから今回もそうだと思った。どうせちょっとつっついてやればすぐ崩れるんだろうと思ったのに)」

『話してくれてありがとう』

それはヒロがあの時、友達から言ってほしかった言葉でした。

こんな形でその言葉を聞きたくなかったヒロの目からは、次々に涙が溢れだしてきます。

翌日、偶然ヒロと遭遇した武蔵はヒロの昨日の態度を改めて問いただします。

武蔵「あのさ、昨日あんなことを言われて泣きたいのは僕の方だったんだけど。なんで来栖さんが泣いてたわけ?」

ヒロ「何それ、理由話したら慰めてでもくれんの?」

武蔵「冗談でしょ。ただ何か理由があるなら聞こうかと思って。ちゃんと話してくれるんなら、ちゃんと聞くから」

あんなことしたヒロの話を聞くと言う武蔵の言葉を理解できないヒロは、その場から逃げてしまいました。

偶然、武蔵とヒロの話を聞いてしまったさとわは、ヒロの後を追いかけ声をかけます。

さとわ「先輩は昨日、私が箏曲部に入ってるのは『他に弾く場所がないからから仕方なく』って言ってましたよね。でもそれは違います、私はこの箏曲部に入りたくて入ったんです」

ヒロ「なんで今更あたしにそんなこと言うの?」

さとわ「先輩も私と同じなんじゃないかと思って」

さとわは鳳月会を破門されてから、箏を弾く意味がわからなくなり、箏から距離をとっていました。

そんな時、たまたま目に入った高校の音楽コンクールに足を向けます。

各校の演奏を聴いていたさとわでしたが、我に返り会場を後にしようとしたその時、時瀬高校箏曲部の演奏が始まりました。

さとわ「(上手くはないけど、なんて楽しそうに弾くんだろう)」

仲間に囲まれ、楽しそうに箏を演奏する武蔵達にさとわは涙が溢れています。

さとわ・ヒロ「(いいなぁ)」

それはヒロが全校集会で箏曲部の演奏を聴いた時と同じ想いでした。

数日後、部室の前まで来たヒロは、気まずさからなかなか入ることができません。

チカ「邪魔」

ヒロ「チカくん!!」

チカ「んなとこ突っ立ってたら入れねーだろうが」

ヒロの前を無言で通って行くチカでしたが、動こうとしないヒロを振り返ります。

チカ「何、入んねぇの?」

おそるおそる部室を覗くと、誰ひとりヒロが来たことに疑問をもたず、あたたかく迎え入れてくれます。

ヒロ「あ、あやまりたいことがあるんだけど」

武蔵「うん」

武蔵達と無事和解し、正式に入部となったヒロを加えた箏曲部は、邦楽祭に向けて練習に励みます。

今日も練習に向かうチカは、部室を望みこむあやしい他校の女子生徒2人に遭遇しました。

ここで何をしていたのか問いただすチカに、女子生徒は怯えるばかり。

さとわ「何やってるの?みんな」

女子生徒「さ、さとわちゃん~~~っっ」

さとわを見た瞬間、女子生徒は感激で涙を流します。

さとわ「華凰会(かおうかい)の凰かずさ(おおとりかずさ)さん?」

かずさ「はい!」

チカ「んだよ、鳳月の知り合いかよ」

さとわ「いや、名前は知ってるけど・・・」

聞けばかずさは小学生の頃、さとわの演奏を聴いて感動し、それからずっとさとわに憧れていたと言います。

かずさ「噂でさとわちゃんがこの学校の箏曲部にいると聞いて確かめに。時瀬の箏曲部なんて聞いたことないし、来てみれば野蛮な男どもの巣窟で!」

かずさはさとわの手を握りしめ、さとわに訴えかけます。

かずさ「ぜひ我が姫坂女学院(ひめさか)に来て頂戴!私達と一緒に姫坂でお箏やりましょう!」

さとわ「いえ、結構です」

かずさ「なんっ・・・もしかしてさとわちゃん、あの野蛮な男どもに脅されているの?!」

さとわ「違うっそうじゃない!私はここがいいの!」

さとわの言葉にショックを受けるかずさでしたが、それはさとわが他の箏曲部を知らないからだと言います。

かずさ「来週、姫坂の箏曲部と東京の強豪校である明陵高校(めいりょう)とで合同勉強会が開かれるんです!ぜひさとわちゃんと見学にいらして下さい!」

かずさ「そして、思い知るといい!私達との差を!あなた達じゃさとわちゃんには釣り合わない!」

それだけ言うと、かずさは部室を去っていきます。

合同練習会の会場である明陵高校にやってきた武蔵達。

強豪校だらけの勉強会に、武蔵達は気を引き締めます。

この音とまれ!の漫画4巻の感想

個人的にヒロは好きなキャラだったので、和解できてよかったです。

今回、ちょいちょい出てきた武蔵の無意識ドS疑惑に笑ってしまいました。

大人しい真面目キャラだと思いきや、そんな本性が隠れいていたとは笑

なんだかんだ2年組は良いコンビになるんだろうなと思いました。

ヒロも加わった新生箏曲部のこれからが楽しみですね。

この音とまれ!の漫画を無料で読む方法

もし『この音とまれ!』の漫画を無料で読むなら、【FOD】がおすすめです。

FODはフジテレビ公式の動画配信サービスですが、動画だけでなく電子書籍の品揃えも豊富なんです。

もちろん、『この音とまれ!』の漫画も全巻揃っています。

FODで電子書籍を購入する場合はポイントが必要ですが、今すぐ登録すれば1ヶ月で1,300ポイントが無料で手に入ります。(ポイントが貯まるのは8のつく日)

つまり、

無料で手に入るポイントを使えば『この音とまれ!』の漫画を無料で読める

というわけなんです。

しかも、FODで電子書籍を購入すると、20%のポイントが還元されます。

20%のポイント還元があるので、コミック(紙媒体)で購入したりKindleなどで電子書籍を購入したりするよりも、FODを利用した方が圧倒的にお得です。

20%のポイント還元があるサービスは、FODしか見当たりません。

FODを利用すれば、『この音とまれ!』の漫画を全巻お得に購入することもできます。

また、FODは月額888円(税抜)かかるサービスですが、現在1ヶ月の無料おためしキャンペーンを実施中です。(Amazonアカウントが必要、初回限定)

今すぐ登録すれば、1ヶ月は無料でFODを利用できます。

FODの登録は画面に従って操作するだけなので、3分足らずで登録できます。

しかも、いつでも解約することができるので、無料期間内に解約すれば月額料金はかかりません。

解約はボタンを押すだけなので、1分もかからずに解約できると思いますよ。

さらに、FODは漫画が好きな人や雑誌を読む人におすすめの特典が用意されています。

  • 100冊以上の雑誌(最新号)が読み放題
  • 対象のマンガが無料で読める

なので、FODで『この音とまれ!』の漫画を読むことをおすすめします。

↓1ヶ月無料の登録はこちら↓

※無料期間中に最大1,300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク


zip・rarファイルの危険性

ネット上には、zip・rarファイルになった漫画をダウンロードできるサイトがたくさんあります。

無料でダウンロードできるなら、気軽に利用しようと思うかもしれません。

ただ、zip・rarファイルをダウンロードして読むのは非常に危険です。

なぜなら、そのようなファイルにはウイルスが入っている可能性があるからです。

もちろん、すべてのファイルにウイルスが入っているわけではないですし、今まで利用して問題なかったからといって、油断している人も多くいます。

ですが、必ずしも安全というわけではありません。

セキュリティソフトでは防げないウイルスもありますし、ウイルススキャンしても検出されないウイルスもあります。

パソコンやスマホがウィルスに感染すると、大事な情報が抜き取られたりPCやスマホが壊れたりすることがあるんです。

1冊500円前後の漫画を無料で読もうとして、5~10万円近くするパソコンやスマホを危険に晒す。

あまり賢い選択とは言えませんよね。

そんな危険を冒さなくても、電子書籍なら安全に読むことができます。

しかも、FODであれば、無料期間にもらえるポイントを使って漫画を無料で読むことが可能です。

なので、zip・rarファイルをダウンロードしてリスクを負うのではなく、電子書籍で読むことをおすすめします。

まとめ

以上、『この音とまれ!』の漫画4巻のネタバレでした。

突然やってきたかずさからの転入の誘いを断ったさとわ。

諦めきれないかずさは、さとわ達を明陵高校との合同勉強会に招待します。

かずさは格の違いを見せつけると言いますが、いったいどうなってしまうのでしょうか。

もし『この音とまれ!』の漫画を無料で読むのであれば、FODがおすすめです。

ぜひ、実際に読んでみてくださいね♪

↓1ヶ月無料の登録はこちら↓

※無料期間中に最大1,300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

スポンサーリンク


漫画

Posted by ayasu7